伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢エビ価格高騰止まらず 紀北でお歳暮用出荷ピーク

今月から伊勢エビ漁が解禁になった紀北町で、お歳暮用の商品の出荷が最盛期を迎えた。今年は伊勢エビの価格が高騰していて、地元の海産業者は「食品表示偽装問題の影響と、需要の急増で価格は上がる一方」とため息を漏らす。
 同町の三重外湾漁協紀州支所によると、地元長島港の市場では、伊勢エビの価格は昨年の一・七倍程度になっている。
 例年より水揚げ量が少ないことに加え、食材選びに敏感になった飲食業者などが、積極的に購入量を増やしていることが原因とみられる。
 一匹百~五百グラムの等級の一キロ当たりの価格は、漁解禁直後の六日は四千七百二十円だったが、十四日には七千百七十円にまで上昇した。四千円前後で安定していた昨年と比べ、高騰ぶりが目立つ。
 港で伊勢エビを仕入れ全国に発送している同町紀伊長島区長島の上保商店は十八日、お歳暮用の伊勢エビを二~五匹ずつ箱詰めし、九十箱を出荷した。価格が上がらないうちに急いで注文しようとする客が増え、例年より出荷のピークが十日ほど早まった。
 店では販売価格を例年通りに据え置いているが、近く仕入れ値が売値を上回る可能性があり、二割程度の値上げを検討している。
 同店おかみの上野明美さん(72)は「シーズン中に価格を見直すとなれば、ここ五十年で初めて」と戸惑いの表情を浮かべていた。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重県観光促進 「みえ旅パスポート」20万部を突破 目標の2倍発…
  2. 伊勢の松尾観音寺でツツジ見頃
  3. 合歓の木フラ in 志摩地中海村
  4. 岩牡蠣が美味しい季節到来!!
  5. 振り込め類似詐欺が急増 県内の被害額3億円超
  6. ペンギン屋外に引っ越し 志摩マリンランド
  7. 志摩スペイン村、華やかな「ニューイヤー・フィエスタ」で特別な年末…
  8. yomiurisinbun 全国の温浴施設に尾鷲特産コーナー 「商品知ってもらえれば」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com