伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢エビ干物いかが 鳥羽市、観光PRへ試作品

鳥羽市は、伊勢エビの干物で観光PRに乗り出す。
漁業が盛んな地元の干す文化を特産の高級食材にも応用し、意外性を狙う。
市内の鳥羽マリンターミナルで十五日、試作品を関係者に発表した。
市は伊勢市の伊勢神宮で今秋ある式年遷宮に向け、「祝い」「海女」を題材に誘客事業を進めている。
その一環として、縁起の良い食材・伊勢エビの干物作りを昨年から試している地元の離島・菅島の菅島旅館組合の活動に着目、後押しを決めた。
組合は現在、干物の味わいや見栄え、長期保存の観点から研究を重ねている。
会場で、この日提供されたのは、半割にしてから塩水へコンブとともに漬けた後、一夜干しし、火を通した伊勢エビ。
木田久主一市長らが試食した。
松村裕之組合長(47)は「ただ焼いた伊勢エビとは違う食感や凝縮された味わいに自分たちも驚いている。
多くの人に食べてもらうため研究を続けたい」と話した。
市は作り方が確立した後、観光客に振る舞ったりするための千匹を新年度に地元業者へ発注する計画。秋に一斉に干してもらい、作業風景も観光資源として売り込む考えだ。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重県と伊勢市が「災害時における聴覚障がい者支援に関する協定」を…
  2. 海藻「アカモク」理解深める 鳥羽でおかみら
  3. 「神さんま」が最優秀に 熊野の土産物コンクール
  4. isesinbun 「仲間意識の醸成できた」 度会町職員、陸自で研修 町長の意向で初…
  5. 冷凍ラーメン自動販売機 in 志摩市阿児町鵜方シティーガーデン駐…
  6. 鳥羽の島遺産100選 市がガイドブック
  7. 志摩で南勢書写研究会
  8. 「伊勢うどん大使」第1号に石原壮一郎さん、伊勢市長を表敬訪問

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com