伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢市駅前に芭蕉句碑

十月の伊勢市の伊勢神宮の式年遷宮にちなみ、市内の有志が、江戸時代の俳聖松尾芭蕉の「たふとさに みなおしあひぬ 御遷宮」の句を刻んだ石碑をJR伊勢市駅前広場に建立する。建立費用の寄付を募っており、四月十四日に除幕式をする予定だ。
 芭蕉は一六八九(元禄二)年に紀行文『おくのほそ道』の結びの地・岐阜県大垣市を離れ、第四十六回式年遷宮でご神体を新正殿にうつす「遷御(せんぎょ)」を控えた伊勢神宮を参拝。その際に外宮を拝して先の句を詠んだ。
 生涯に六回伊勢を訪れたとされる芭蕉には、伊勢ゆかりの句が二十二句あり、そのうち遷宮を詠んだのは一句のみ。芭蕉の句碑は市内各地にあるが、遷宮の句碑はない。このため有志が句碑建立の実行委員会を設立し、昨年九月から計画を進めてきた。
 句碑は黒御影石製で、句を刻む石板は高さ八十センチ、幅百二十センチ。文字は学校法人皇学館の佐古一洌(かずきよ)理事長の揮毫(きごう)。現在は市内の石材店で準備を進めている。建てる場所は、現在駅前で建立準備中で、神宮が提供した木材で作った鳥居の近く。
 建立費用の寄付は「多く市民から賛同を得たい」として募る。百万円を目標に、一口五千円で四月十日まで受け付ける。句碑は除幕式後に市へ寄贈する。
 実行委の山本正一事務局長(68)は「遷宮を詠んだ句碑を建立するのは伊勢にとって大変意義深いこと」と話している。
 寄付の申し込み、問い合わせは芭蕉「御遷宮」句碑建立実行委員会=電0596(28)5668=へ。
引用元

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 底引き網、カツオ節作り…大学生が実習航海
  2. ウオークで街並み満喫 お伊勢さんマラソン開幕
  3. 宮川ダム湖定期船復活へ 10年ぶり安全祈願祭
  4. 海上安全に30年以上尽力 南伊勢の寺田さん
  5. 大紀でチューリップ見頃 12、13日祭り
  6. 3月から熊野古道の特番 きょう東京で三重テレビPR
  7. 「おぼろタオル」に指文字アート-鳥羽のタオル販売店など3者でコラ…
  8. 三重テラス28日オープン 福助さんらゲストに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP