伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢志摩経済新聞「伊勢志摩の風と太陽」テーマにフォトコン-iPadプレゼントも

伊勢志摩経済新聞が現在、伊勢志摩の風光明美(めいび)な
景色や地域で生活する人々などを写真に収め後世に残そうと
「伊勢志摩の風と太陽」をテーマにしたフォトコンテストを
開催している。
「三重ハイテクフォーラムITマネジメント研究会」と
「三重大学大学院地域イノベーション学研究科」(以上津市)が
後援。
応募締め切りは8月15日。

太陽神として知られる天照大神(あまてらすおおみかみ)は
伊勢神宮内宮(ないくう)、風神として知られる
級長津彦命・級長戸辺命(しなつひこのみこと・しなとべのみこと)は
内宮別宮の風日祈宮(かざひのみのみや)、
外宮(げくう)別宮の風宮(かぜのみや)のそれぞれ主祭神。
神宮の全ての祭りは稲作(コメ作り)につながり、
太陽と風の恵みへの感謝・祈りが祭りとなって現在にまで
受け継がれている。

伊勢神宮に通じる自然の恩恵に感謝し、その理(ことわり)を
カメラに収め可視化することを目的に開催する。
タイトルは「伊勢志摩の恵みフォトコンテスト2013」。
事務局担当者は「伊勢志摩の風光明美な風景、人、自然の恵み。
『風がなかったら』『太陽が照らなかったら』と考え、
さまざまなものに目を向け、その恩恵の有り難さを一枚の写真で
表現してほしい」と話す。

賞金は、金賞=5万円(×1)、銀賞=1万円(×2)、
銅賞=5,000円(×2)、そのほか特別賞を設ける。
抽選でApple社製iPad miniを1人にプレゼントも。
応募資格は、三重県内在住者もしくは勤務者、「風」と「太陽」
それぞれの部門でエントリーを受け付ける。
1点に付き1,000円の参加費が必要で、応募方法は、
エントリー作品数分の料金をネット決済代行会社peatix(ピーティックス)で
支払い(クレジットカード、コンビニなど対応)、
その後専用フェイスブックページまたはメールで行う。
1次、2次審査を経て最終審査を行い各賞を決定する。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. mainichisinbun レスリング:五輪存続を 鳥羽市ジュニアクラブ、署名活動開始「夢を…
  2. 津・伊勢奥津駅 美杉観光の拠点に 案内施設が落成式
  3. 観光、味覚…全部が三重!魅力満載で人気の「三重テラス」
  4. mainichisinbun ゴマフアザラシ:クリクリの目 赤ちゃん誕生
  5. 「カエルのカンピンタン」って? 皇学館大で研究発表
  6. 伊勢「高柳の夜店」スマホサイト開設
  7. 伊勢神宮に55万6000人 三が日の人出
  8. 昔の暮らしが見える 大紀の古民家が博物館に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com