伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢湾フェリーで「菜の花の国」へ-渥美半島で120万本以上の菜の花が満開

1月から開催中の愛知県「渥美半島 菜の花まつり」の菜の花畑が満開となり訪れる

客の目を楽しませている。

鳥羽港と伊良湖岬を55分で結ぶ伊勢湾フェリー
(鳥羽市鳥羽、TEL 0599-26-3335)では「伊勢湾を横断して菜の花の国へ行こう」と

呼びかけている。

今年で17回目になる渥美半島(田原市)一帯で開催中の同イベント。

メーン会場となっている「伊良湖菜の花ガーデン」(堀切町)には、

約4ヘクタールの畑に120万本以上の菜の花が黄色く染まっている。

早咲きと遅咲きの花を組み合わせ3月末まで見ごろが続く。 

愛知県で話題となっている期間限定の幸せ呼ぶ「クローバー神社」は、

同イベント「伊良湖シーパーク&スパ前」(伊良湖町)サテライト会場にある。

「菜の花づくしあったかセット」や「菜の花パスタ」「菜の花コロッケ」「菜の花ジェラート」など

菜の花を使った料理やスイーツを提供する飲食店もたくさんあり、人気を集めている。 

伊勢湾フェリーを運行する同社は、

同イベントを主催する渥美半島観光ビューロー(田原市)と組み三重県からの集客に協力、

同イベントを盛り上げている。

同社の片山剛さんは「土日になると三重からも大勢の客がフェリーをご利用いただき春を

満喫に訪れている。

イベントのお手伝いで3月3日にメーン会場を訪れたが、今が満開で見頃だった。

120万本の菜の花が咲き誇る景色は圧巻なのでぜひこの機会に

足を運んでいただければ」と呼びかける。

「松阪、伊勢志摩方面からなら断然、伊勢湾フェリーが便利。

海の上ではスナメリやイルカに遭遇するチャンスもあるので、

ぜひとも『伊勢湾フェリー』で(笑)」とPRも欠かさない。

http://iseshima.keizai.biz/headline/1674/

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 平成28年度 志摩市成人式
  2. 街彩る松阪撫子 24日に祭り、参加者募集
  3. もの凄い!伊勢志摩本 2011-2012
  4. 海女小屋体験が休業 三重県志摩市と観光協会、補助金で溝
  5. 今行くべき! 伊勢志摩のリゾートホテルがリニューアル
  6. 名作の舞台へ旅誘う 三重県が観光冊子
  7. 地域での脱原発で意見交換 伊勢で全国会議 首長ら集まる
  8. 観光好調「勢い維持したい」 県幹部と省庁関係者が親睦 東京

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP