伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢茶や鹿肉の「あめ」3種開発 「みえックスキャンディ」に決定

三重県産品を使った新しい商品作りの企画会議が十二日、三重県庁であり、伊勢茶などを使った三種類のあめを開発することを決めた。

七月中旬の発売を目指す。 三重県とあめ製造の松屋製菓(伊勢市)、製粉会社いせこ(松阪市)が共同で取り組む。
会議で六種類の試作品が用意され、審査員の鈴木英敬知事らが試食。
伊勢茶のほか、県産シイタケの粉末を練り込んだ「伊勢どんこあめ」、鹿肉から抽出したアミノ酸で作る鹿醤(しかしょう)で味付けした「ジビエあめ」をセットで売り出すことに決めた。
商品名は三重とミックスをかけた「みえックスキャンディ」に決定。
松屋製菓の浜口清社長は「珍しい素材でインパクトがあると思う。
三重の魅力向上につながる商品を完成させる」と話し、鈴木知事は「旅のお供として、幅広い世代に売り出したい」と意気込んだ。

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. chunuchisinbun 伊勢神宮に伝統の神鶏 小国鶏など30羽を奉納
  2. 志摩市の植木屋・一級造園技能士 松林孝一さん
  3. 飼育50周年の鳥羽水族館 スナメリの赤ちゃん誕生
  4. isesinbun 庶民も救う巡礼道 国際熊野学会 「伊勢路」研究を発表
  5. 種まき、踊りで表現 紀北町で権兵衛祭り
  6. 酵素ダイエットについて
  7. 伊勢えび鍋・伊勢えびクリームスープ【志摩の宝本舗萬陽・三重県志摩…
  8. 伊勢神宮に55万6000人 三が日の人出

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com