伊勢志摩鳥羽のトピックス

加工品を共同開発 伊賀市の比自岐地区と鳥羽市答志町が協力

鳥羽市答志町と交流を続けている伊賀市の比自岐地区は3月13日、同地区の農作物と答志町の海産物を使った加工品を試作。同市四十九町の県伊賀庁舎で開かれた成果報告会で披露した。【試作品を作った比自岐地区の住民ら=伊賀市四十九町】 
 市の「農山・漁村活性化推進事業」として委託を受け、取り組んでいるもので、比自岐地区の住民で組織する「ひじき笑みの市運営委員会」が中心に、昨年9月から試作品の開発に取り組んできた。答志町でも試食会を開くなど意見を広く集め「ひじき入りこんにゃく」「シイタケと茎わかめの佃煮」「天草を使った芋寒天」の3品を作った。
 報告会では同地区の住民や答志町の関係者ら約35人が出席。全員で試食した後に味や触感の改善点など意見を出し合った。運営委員会の森井八枝子会長(65)は「お互いの物産を持ち寄り、加工品一緒に考えていくことで、相乗効果で良いものができるのでは」と今後の商品化に期待を込めた。
 比自岐地区では、2005年から子ども同士の交流や同市内で開かれる「笑みの市」で海産物の販売などで答志町との関係を深めており、同町の住民らでつくる「ひじき交流会」の中村正道さん(77)は「お互いの地域の良いところが出せてうれしい。交流を続けてきてよかった」と語った。
http://www.iga-younet.co.jp/news1/2013/03/post-537.html

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 雨の中 走り辛いよ 知らん道
  2. 敷地で栽培、客に還元 鳥羽カントリークラブ
  3. 津市が3年ぶり総合優勝 美し国市町対抗駅伝
  4. 遠路はるばるお伊勢さん…かるたで郷土知って
  5. 伊勢茶や鹿肉の「あめ」3種開発 「みえックスキャンディ」に決定
  6. 三重県南部の津波碑など碑100基紹介 南伊勢高・新田教諭
  7. トンネルで多重事故想定し訓練 伊勢市消防本部
  8. 10月1日から伊勢海老漁が始まります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com