伊勢志摩鳥羽のトピックス

地域での脱原発で意見交換 伊勢で全国会議 首長ら集まる

脱原発を主張する全国の市町村長や区長の現役と元職でつくる「脱原発をめざす首長会議」(事務局長・上原公子元東京都国立市長)は十四日、伊勢市御薗町長屋のハートプラザみそので、公開シンポジウム「自然と共存するエネルギーのまちへin伊勢」(伊勢市後援)を開いた。上原事務局長や会員の鈴木健一市長、有識者などが、ドイツの事例を手本として地域での脱原発の取り組みに向けて意見を交わした。

 同会議は、これまで東北と関東でシンポジウムを開催してきたが、今回は会員の鈴木健一市長に打診し、有志の実行委員会をつくり西日本で初めて実現した。

 ドイツに本部を置くハインリッヒ・ベル財団のミヒャエレ・シュレーヤー氏が基調講演し、福島第一原発事故を機に、政府が原発の全廃方針を決めたドイツの事例を紹介。大規模な電力会社ではなく、小規模な共同組合による太陽光発電や風力発電施設の設置が同国内で増えているとし、「地域のコミュニティーがエネルギーシフトに重要な役割を果たす」と述べた。

 鈴木市長も参加したパネルディスカッションでは、上原事務局長が、原発に替わる再生可能エネルギーの普及について、「政府の意向と関係なく地域から立ち上がれるものをつくりたいと、首長会議で考えている」と語り、「鈴木市長には真っ先に手を挙げてほしい」と期待した。

 鈴木市長は最後に、「第二回の勉強会につなげ、コミュニケーションを増やし再生可能エネルギーのスタートを少しでも進められれば」と答えた。

 出席予定だったドイツ緑の党国会議員ジルビア・コッティング・ウール氏は職務で来日できず、ビデオメッセージを寄せた。会場には約三百人が来場した。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三重県鳥羽市 海女小屋を世界発信 プロのブロガー視察
  2. 「尾鷲甘夏」の出荷始まる
  3. さっぽろ雪まつりで式年遷宮PR
  4. 「おぼろタオル」に指文字アート-鳥羽のタオル販売店など3者でコラ…
  5. 育児支援策をアピール 鳥羽市が近鉄車両にポスター
  6. 三重県内の22酒蔵が参加!伊勢志摩サミットで注目を集めた地酒も並…
  7. 佳子さま伊勢神宮参拝
  8. 20歳の愛 自己ベスト64で奪首!最年少V視野「欲張らずに」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP