伊勢志摩鳥羽のトピックス

宮後ねぶた「増長天」完成 8日の伊勢まつりで披露

伊勢市宮後の有志らでつくる「宮後祭心会」は、市中心部で開かれる伊勢まつり初日の八日、呼び物の「宮後ねぶた」を披露する。二十八作目の今年は仏教の守護神「増長天」を作成。昼はだんじりみこし、夜はお木曳(ひき)車に乗せて宮後地区や近くの伊勢神宮外宮周辺を練り歩く。


 同会は約三十年前から、祭りなどの際にねぶたを披露している。ねぶたは、風神、雷神のように二体作る場合が多く、今年は増長天と邪鬼を作った。背中合わせにして運ぶ。

 二体の大きさは、長さ計六メートル、幅五メートル、高さ四メートル。角材の骨組みに針金で形を作り、和紙を貼り付けた。墨で隈(くま)取りなどを付け、染料で色付け。会員らが四月から、仕事の後に取り組んだ。夜はねぶたの中に組み込んだ電球二百個と蛍光灯二十本で照らし出す。

 デザインは、宮後地区出身の画家中村仁志さん(56)が考え、制作も指導。増長天は力を増長させる守護神であり、日本や伊勢の発展を願った。

 中村さんは「地区だけのものではなく、市民みんなが楽しめるねぶたにしていきたい」と話している。

 

(引用・伊勢新聞)

 

 

 

 

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三ケ野いちご“復活” 台風12号被害乗り越え
  2. 近鉄 60年ぶり駅舎改築 伊勢市駅で完成除幕式
  3. isesinbun 鳥羽 「真珠の海七草」料理探る 観光宿泊関係者が研究会
  4. 三重県内の22酒蔵が参加!伊勢志摩サミットで注目を集めた地酒も並…
  5. 赤福社長、母親に交代 経営方針対立で退任か
  6. 四季さかなより【たこ飯セットのご案内】
  7. 紀北でフキノトウ出荷ピーク
  8. 茶道具の水指を神宮奉納 岐阜の美濃焼作家

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com