伊勢志摩鳥羽のトピックス

小津監督少年期の新資料発見 父に送った手紙

「東京物語」などで知られる日本映画界の巨匠小津安二郎監督(一九〇三~六三年)が、

松阪で過ごした少年時代に、東京で働く父に送った手紙などの資料が新たに発見された。

名古屋市の女性が五十年間所有していた。

寄託を受けた松阪市愛宕町の資料館「小津安二郎青春館」で、順次公開していく。 
 

「この間はぼくのだいすきな運動会でしたので一心にしました」。

一九一三(大正二)年、松阪に引っ越してきたばかりの九歳の小津少年が、

東京にいる父に宛てた手紙には、こうつづられていた。

運動会のほか、学校や近所の様子などを知らせる内容が、

形の整った字体で書かれていた。

父は当時、松阪商人の海産・肥料問屋の大番頭で、松阪に家族を住まわせ、

自らは東京と松阪を行き来する生活を送っていた。
 

発見された資料は、小津監督や家族が父との間で交わした手紙や、

家族が生活用品や食料品を購入した際に残した領収書、

相撲ファンだった小津監督の祖父が集めた大正時代の番付表など五百五十点。

小津監督の死後、監督らが暮らした松阪の民家の土蔵を家族が整理したときに、

これらの資料が木箱の中に詰められた状態で見つかり、

知り合いの名古屋市の女性に木箱ごと譲ったという。

女性は昨年一月に死去し、女性の遺族が昨年六月、二年間の契約で同館に寄託した。
 

青春館の佐野洋治館長は「小津監督が松阪にいた十年間の様子や、

大正期の人々の生活が生き生きと伝わってくる資料。

整理を進めて公開していきたい」と話している。

問い合わせは同館=電0598(22)2660=へ。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20130117/CK2013011702000016.html

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢市教委 いじめ対策を冊子に 保護者版を配布へ
  2. 白いカンパチ、鳥羽水族館に仲間入り
  3. 悠仁さま、伊勢神宮を初のご参拝
  4. 独身女性6割が「パワースポットの力を信じる」 -30代は結婚相手…
  5. ハチミツ専門店の資金、ネットで調達 百五銀行が成功
  6. 「熊野古道」特別企画番組 三重テレビ、あすから
  7. 鳥羽の神島 豊作願い「オケゾコ」 磯着姿で海藻まく
  8. 堀口文宏さんが チョイスした『ホリチョイ本』三重の情報満載ですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP