伊勢志摩鳥羽のトピックス

少ない燃料で強い火力 紀北の尾崎さん、エコストーブ手作り


エコストーブに燃料の木の枝を入れる尾崎さん=紀北町海山区引本浦で
写真=中日新聞

三重県紀北町海山区引本浦の自主防災会委員、尾崎光紀(みつのり)さん(74)が、灯油の空き缶などを組み合わせて暖房、調理器具として使える燃焼効率の高いまきストーブ「エコストーブ」を手作りした。少ない燃料で強い火力が得られるため、災害時にも役立つ道具として地域で注目されている。

 エコストーブは灯油などを入れる金属製のペール缶の底近くの側面に穴を空け、穴にL字形のステンレス製の筒を差し込んで作る。缶の外に突き出した筒の「たき口」でまきを燃やすと、缶上部の筒先から炎と熱い空気が噴き出し、ガスコンロのような感覚で調理ができる。

 尾崎さんは、新書「里山資本主義」(角川oneテーマ21)でエコストーブの機能や作り方を知り、近くのガソリンスタンドでもらった二十リットル入りの灯油の空き缶二つと使わなくなった自宅の煙突を筒に利用して製作。缶の穴ははさみで開け、缶の内側と筒の間には断熱材として園芸などで使う軽石を詰めた。「半日がかりだったが、慣れると一時間ほどで作ることができそう」と話す。

 庭木の剪定(せんてい)をした時に出た木の枝をたき口で燃やすと十分ほどで筒から熱い空気が出始めた。地区内では同じようにエコストーブを作っている人がいて、友人らと災害で電気やガスが止まった時に備え、エコストーブを作りためておく計画を話し合っている。

 尾崎さんは「引本浦には山が多く、燃料はいくらでもある。もしもの時に役立つ道具として今後、地域の人たちとエコストーブの活用策を考えたい」と話している。

中日新聞より転載

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. mainichisinbun 稚アユ:250キロを櫛田川に放流
  2. 志摩市民100人に聞きました!!
  3. 南伊勢町イルミネーション
  4. シリーズ累計10万部!地球の歩き方から御朱印シリーズ2冊が同時発…
  5. 鳥羽ツアー商品 立教大生が考案 近ツーと共同企画
  6. 伊勢 日愛友好のライトアップ 大鳥居、緑に輝く
  7. 大賀ハス:玉城・田丸城跡内堀で見ごろ /三重
  8. アユ釣りシーズン到来 河川で明暗、釣果に違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com