伊勢志摩鳥羽のトピックス

志摩を舞台にした海女小説「いそぶえ」

10月26日に志摩市浜島町のホテルで志摩を舞台にした海女小説「いそぶえ」を書いた作家、谷村志穂さんの記念講演がある。

いそぶえのご購入はこちら
アマゾンのレビューから(Misaさん)

志摩の漁村で育った主人公・野井山孝子は五歳で母親を亡くした後、父、兄と離され大海女と呼ばれた祖母のもとで自らも海女になる生き方を選びます。
そんな中、多感な少女期に出会った神社の跡取り息子、白川武雄に淡い恋心を抱くようになり、やがて二人は静かに愛を育んでいくのですが好きなだけでは乗り越えられない、どうにもならない壁が二人の前に立ちはだかります。
海の者と陸の者は一緒にはなれないー。
色々なものを背負って生きている孝子は「一人の女性の幸せ」と「定められた海女の生き方」との選択に苦悩していきます。
そして「誰かを悲しませてはいけない」と言う武雄の考え方に大きく影響された孝子の人生は、図らずも孝子自身を苦しめることになってしまうのです。
二人の出会いから恋に変わっていく流れが、とても自然でそして、切ないです。
幾つもの不安に押し潰されそうになりながらも武雄を信じ、その思いを貫こうとする孝子が本当に切なくて胸が締め付けられます。
そして登場人物たちが、形は違っても心が優しく、それ故に傷付いていくのです。
目に見える様な美しい情景と、この土地の文化や風習は大変、興味深く又、常に危険の中にいる海女の仕事は生きていく糧であり、定められた生き方なのだと改めて知りました。
読んでいて心が洗われるようでした。
タイトルの「いそぶえ」は海女の命の音だと初めて知り海に人生を捧げた彼女たちの潔さを美しいと思いました。
この物語の結末を、どう受け取るかは読んだ方それぞれだと思いますが私は孝子の、その先の未来が、どうか明るいものであって欲しいと願わずにはいられませんでした。

いそぶえのご購入はこちら
500ページ近くありますが長さは全く感じませんでした。
構想に7年費やしたと言う作家さんの意気込みを感じました。
とても素晴らしい作品だと思います。

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 宣長の功績伝える「松阪鈴おどり」あべ静江さんボランティア引き受け…
  2. 糀を使ったなめらかぷりんの専門店『糀ぷりん本舗』が 伊勢神宮内宮…
  3. 伊勢の松尾観音寺でツツジ見頃
  4. 尾鷲高、ロボコン全国大会初出場へ
  5. 熊野の日本キジ飼育、本年度限りか
  6. POWER MORNING 早起きは三文の徳!得!特!
  7. 父がデザイン、息子が制作 志摩の木工所、展示会で上位賞
  8. G7各国首脳の到着を待つ伊勢神宮内宮前のメディアの様子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com