伊勢志摩鳥羽のトピックス

志摩市観光協会が分離検討 補助金めぐり混乱

志摩市観光協会の運営が市の補助金をめぐって混乱している問題で、同協会が今後の運営方針について、協会を解体し、旧五町の各観光協会への分離を検討していることが二十七日、分かった。協会内部からは「協会から脱退して、独自で運営したい」と賛同する声も上がっているが、各支部で賛否が分かれており、結論の見通しが立っていない。
この問題をめぐっては、市が昨年八月の監査で、補助金の目的外使用などを指摘。協会への改善命令を出したほか、補助金の凍結を迫っていた。
関係者によると、市が昨年十一月、対応策として市主催の支部長会議で、「市全体の観光宣伝などを行う観光連盟を新設し、その下部組織として旧町単位の各観光協会を置く方法もある」と、協会側に提案したという。
これを受け、協会は同十二月の協会幹部らが出席した会議で、各支部ごとの議論の結果を報告。阿児支部は、観光連盟方式にした際、支部に市の補助金が出るのかどうか分からないため、結論が出せなかった。志摩支部は、市観光協会を残して内部改革を行うことを望んだ。
一方、磯部、大王、浜島の三支部が提案に賛同。磯部は「市の補助金に頼らず、支部の会費などで運営したい。その際、磯部支部の会員は志摩市観光協会から脱会する」と明言した。大王と浜島も旧町時代の観光協会で運営する考えを支持した。
昨年十二月の報告後も、協会の理事らでつくる機構改革委員会で議論している。しかし、市からの補助金が支部単位で出る確証が得られていないなどの懸念で、結論は出ていない。
協会解体案が出たことを受け、新たな問題も発生。協会は三月に阿児、志摩、磯部支部が協会に貸していた運転資金計約二百八十四万円をそれぞれ返金した。関係者によると、協会分離の話が出たため、一部から貸していた金の返還が求められたという。
ただ返金は理事会の決議を得ておらず、監査委員が昨年度事業決算を承認しなかった。決算報告などができず、二十八日に予定していた総代会も延期となっている。
混乱が拡大する中、脱会は協会員各自の判断でできるため、磯部支部の畑美津子支部長は「脱会するかどうかは、総代会の内容などを踏まえ、支部として考えたい」と話している。

ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 度会町で縄文石器を発見 県教委に登録申請
  2. 屋形船に飲食店 鳥羽の企業が6月“出航”
  3. 浜島地区に津波タワー 志摩市、避難施設建設
  4. isesinbun 農林水産祭 浦村アサリ研が天皇杯 廃棄カキ殻活用、経営改善
  5. 養殖アオサの収穫ピーク 英虞湾、的矢湾
  6. くるくる寿司伊勢っ子・海鮮丼1100円はお値打ち感満載!
  7. isesinbun 鳥羽 「真珠の海七草」料理探る 観光宿泊関係者が研究会
  8. 志摩の「サンクチュアリ」にフロリダ風カフェ-リタイアメントを楽し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com