伊勢志摩鳥羽のトピックス

憩いの公園に水車が完成 大台の住民ら整備進める


水車を設置するなど高台の公園整備に励む村田稔さん(前)と、後列左から村田民さん、節子さん、岡村晃生さん=大台町大杉で

写真=中日新聞より

大台町大杉の住民らでつくる「大杉地域おこしの会」が、地元の宮川ダム湖を見下ろせる町有地の高台に、ダム湖に沈んだ集落の歴史を後世に伝える公園の整備を進めている。三月には、集落の移転時に移植したソメイヨシノの下に観光用の水車を設置した。同会代表の村田稔さん(84)は「自然と行ってみようとなる場所にしたい」と力を込める。

 高台は、旧大杉谷村にあった一部集落が、一九五七(昭和三十二)年の宮川ダム完成に伴って湖底に沈むとき、移住先として県が用意した。民家が立っていたがその後、空き家になっていた。

 町が空き家を取り壊し、無償で地域おこしの会に貸与した。公園の整備は、地元の建設会社の支援を受けて、会が一年前に始めた。

 三月下旬に設置した水車は、直径二・一二メートルのスギ製で、山形県から取り寄せた。同月二十六日に近くの谷から水をひき、動かし始めた。

 地域おこしの会は、近くに住む村田さんと妻の節子さん(74)、弟の民さん(81)、岡村晃生さん(87)、巽幸則さん(66)の五人がメンバー。ダム湖に沈んだ集落出身の村田さんが中心になり、土入れから始まり、モミジやサルスベリの植樹、ベンチの設置などをしてきた。名前は現段階では、地元の地名にちなみ「仁右衛門坂公園」にするとしている。

 今後は、集落の歴史を刻んだ石碑などを建てたり、木材を使った工作ができる場を設ける予定だ。

 民さんは「二、三年したら、もうちょっと公園らしくなる」と目を細める。岡村さんは「桜を見ながらお弁当を広げて、家に帰ったとき、あそこは良かったなって言ってもらえるようになればいい」、村田さんは「日常の疲れを癒やしに行こうと、人が訪れる場になれば」と話した。

中日新聞より転載

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 独身女性6割が「パワースポットの力を信じる」 -30代は結婚相手…
  2. 三重県鳥羽市 海女小屋を世界発信 プロのブロガー視察
  3. 南伊勢町 竈方祭の御座船復活 半世紀ぶりに再現
  4. 志摩市民100人に聞きました!!
  5. 県内初のハイブリッドバス発車 三重交通
  6. 志摩の石山浩達さん、岡本太郎記念館で 敏子賞受賞し新作披露
  7. 巨大アナゴ内宮に初奉納 明和・大淀港網元倶楽部
  8. 三重のおきて ミエを楽しむための48のおきて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com