伊勢志摩鳥羽のトピックス

最も早く伊勢茶の初市 大台


そろばんを手に値段の交渉をする茶商(左)と茶農家の代理を務めるJA職員=大台町栃原のJA全農みえ南勢茶センターで
写真=中日新聞

三重県内で最も早い伊勢茶の初市が二十八日、大台町栃原の全国農業協同組合連合会県本部(JA全農みえ)南勢茶センターであった。JA全農みえによると、今年は霜害がなく、適度な雨量もあり、茶の出来は良質。初市では出品数量とも例年より多かったせいか、最高値は昨年と比べキロ当たり三千円下回る三万五千円だった。
 大台、渡会、大紀の三町と松阪市の茶農家が煎茶を出荷した。茶農家の代理を務める地元のJA職員と県内の茶商十五社、仲立ち人を務めるJA全農みえの職員の三者が、そろばんを手に相対取引した。
 茶商は拝見盆と呼ばれる黒色の皿に入れられた茶葉を手に取り、形や香り、つやなどを入念に確認し、さらに湯飲みで湯をついで色を確かめた。茶農家側が希望価格を提案すると、茶商が首を横に振る姿も見られ、そろばんが行き来した。商談が成立するごとに三者が手を三回たたく、手締めの音が威勢良くセンターに響いた。
 JA全農みえによると、今年は前年比二十五点多い四十点、数量で四倍強の四百三十二キロが出品された。平均値は同比で約三割安いキロ八千二百三十円だったが、全体的に良品が出そろい、約三十分ですべて取引が成立した。県内にはほかに四日市、亀山、鈴鹿の三市で伊勢茶の市場がある。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 3200人が心地よい汗 三重・伊勢志摩ツーデーウオーク
  2. ザ・ドブ板選挙①
  3. 伊勢にブルーベリー観光農園オープン-摘み取り体験、無制限食べ放題…
  4. mainichisinbun 伊勢は迎える:2013式年遷宮 「河崎六ケ町奉献団」の子どもたち…
  5. 観光特急「しまかぜ」 10月10日から京都定期運行
  6. 波切漁港の「海族市」をPR
  7. 2022年 GW グランドオープン 伊勢志摩/ 西日本初!?宝石…
  8. 地酒スイーツ お父さんも食べて 大台住民ら考案

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com