伊勢志摩鳥羽のトピックス

浜島地区に津波タワー 志摩市、避難施設建設

三重県が想定した南海トラフ巨大地震による津波などの被害で、
県内最大の8700人の死者が出るとされた
志摩市は、同市浜島町の浜島地区に津波避難タワーを、
同市阿児町の国府地区に防災倉庫兼災害避難所を
それぞれ建設したと24日発表した。
今月14日に完成した浜島地区の津波避難タワーは、
海岸から約40メートルの位置にあり、
鉄骨3階建てで、110人の収容が可能。
避難階の海抜は12メートルで、
想定される最大7メートルの津波や、
震度7の揺れに耐えられる構造になっている。
建設費は約4100万円。
市内では、旧大王町が建設したタワーに次いで2基目。
また、今月19日に完成した国府地区初の災害避難所は、
鉄骨平屋約134平方メートルで、
海から約500メートル離れた標高21メートルの高台にある。
33畳の和室と約25平方メートルの防災倉庫、
台所、トイレなどが備わっている。
建設費は約3000万円。
大口秀和市長は「県の被害想定では厳しい数字が出た。
避難計画をしっかり見直し、充実した防災対策を提案していきたい」と語った。
(2014年3月25日 読売新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 特産ナシのアライグマ被害相次ぐ 津・香良洲町
  2. 県内がインフル流行期入り
  3. 鳥羽港に「にっぽん丸」 鳥羽市観光協会がセレモニー
  4. 農林水産祭 浦村アサリ研が天皇杯 廃棄カキ殻活用、経営改善
  5. 女子高生キックボクサーAyaka選手 伊勢小俣町から世界王者を目…
  6. 8宿巡ると記念品 中伊勢温泉郷が入浴手形
  7. 県内から3カ所8件選出 国登録有形文化財
  8. 市民出資で太陽光発電 志摩の会社が計画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP