伊勢志摩鳥羽のトピックス

特産ナシのアライグマ被害相次ぐ 津・香良洲町

津市香良洲町で、特産のナシがアライグマに食い荒らされる被害が相次いでいる。
2年前に初めて確認され、年間の被害額は200万円に上る。
アライグマは学習能力が高いため捕獲が難しく、ナシ農家は頭を悩ませている。
香良洲地区では、三十戸が計十六ヘクタールでナシを育てる。
扇状地で水はけが良いなどナシ栽培に適しており、年間百トンを収穫する。
アライグマが現れるようになったのは二年ほど前。
収穫期の七~八月を前にナシの木によじ登り、実をかじる被害が四戸ほどで
確認されている。
一ヘクタールの畑を所有する今井梨園の今井快示(よしみ)さん(64)は
「昨年はアライグマに百個以上のナシを食べられた。
手間をかけて育て、収穫間近だったのに」と憤る。
今年も六月にアライグマが畑のネットを破って侵入し、
十個ほどが被害に遭った。
地元のJA一志東部香良洲梨部会も対策に乗り出した。
会員一人がわな猟の免許を取り、部会員の依頼を受けて捕獲用のおりを
設置している。
今井さんもおり二基を自費で買って設置してもらった。
昨年は四頭を捕らえたが、今年はまだゼロ。「アライグマは賢いので、
捕まえにくくなっているのでは。
もう畑の周りに金網を取り付けるしかない」と厳しい表情で話す。
津市によると、アライグマは北米原産の特定外来生物のため、
駆除の対象となる。
夜行性で住宅の屋根裏などにすんでいる場合が多い。
市内では香良洲地区のみで出没しているという。

◆貸し出しおり、4倍増へ
津市内ではアライグマだけでなく、タヌキなどによる農業被害も相次いでいる。
市は対策として、小動物の捕獲用のおりを猟友会などに貸し出しているが、
四基しかなく、不足している。
香良洲地区のナシ農家でつくるJA一志東部香良洲梨部会も、
市から借りたおりは一基だけ。
被害農家の多くは、自費でおりを購入しているのが現状だ。
市は、本年度中におりの数を四倍近くに増やす予定という。
香良洲総合支所によると、香良洲地区のナシ畑で捕獲されたアライグマは、
二〇一一年度は十頭、一二年度は二十頭。
被害額は二年連続で二百万円に上っている。
アライグマの生息数は不明という。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 菅島の島っ子ガイドが文部科学大臣賞を受賞しました。
  2. 子どもたちが「伊勢志摩サミット給食」で外国の食文化を学ぶとともに…
  3. 台風とエビフライと私
  4. 井村屋の松阪工場、7月から稼働 ようかん専用ライン
  5. せんぐう館で公開「豊宮崎文庫講堂扁額」 御座板の撤下品と判明
  6. 鳥羽たびガイド:観光情報掲載、新パンフを発刊−−5年ぶり /三重…
  7. ひおうぎ荘 舟盛り付き+伊勢海老 海鮮BBQプランまたは海鮮鍋プ…
  8. 謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」絶食1523日、啓蟄でも食べず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP