伊勢志摩鳥羽のトピックス

田園に半世紀ぶり誘蛾灯復活 松阪


誘蛾灯を手入れする六根環境を考える会のメンバー=松阪市六根町で
写真=中日新聞

かつて夏の風物詩として水田に普及していた昔ながらの「誘蛾(ゆうが)灯」を、三重県松阪市六根町の住民有志でつくる「六根環境を考える会」が、地元の田園に復活させた。夜にゆらめく赤い火が実り始めた稲穂を照らし、幻想的な雰囲気を醸している。八月上旬まで。

 誘蛾灯は、光に集まる昆虫の性質を利用して、稲の茎を食べるウンカやニカメイガを殺す灯火。同会の沢村茂代表(68)は「昔は夏になればどこにでもあった。ところが、農薬の普及に伴って少しずつ姿を消し、五十年前にはまったく見かけなくなった」と振り返る。

 同会は、地元の機殿小児童から募った環境標語をのぼり旗にして地域に掲げるなど、環境保全活動に取り組んでいる。誘蛾灯の復活は、熊野市紀和町の丸山千枚田にたいまつをともす伝統行事「虫おくり」から着想を得た。沢村さんは「景観づくりのほかに、減農薬も同時に実現できると考えた」と狙いを話す。

 誘蛾灯はすべて会員の手作り。火を付ける芯を空き缶や瓶に入れた灯油に浸し、防火のため、その容器を水を入れた受け皿の上に置いた。計五十五個を作り、田園の間に延びる道路沿いに約二十メートル間隔で設置した。誘蛾灯を置いた道路の直線距離は、最長で約二百メートル。午後七時から会のメンバーが点灯し、朝には消えるように灯油の量が計算されている。雨天時は点灯しない。

 設置後、沢村さんには思いがけずうれしいことがあった。誘蛾灯を知る地元の年配者が毎晩、点灯する会のメンバーに「懐かしいねえ」と声を掛けてくれるようになったという。沢村さんは「実際に目にしたら、その美しさにわれながら感動してしまった。来年以降は誘蛾灯の数を増やして毎年続けていきたい」と話している。

中日新聞より転載

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢新聞が135周年続く理由は伊勢神宮-創刊以来同名の日刊新聞で…
  2. isesinbun 観光庁 昨年の県内宿泊者数982万人 伸び率全国5位
  3. ザ・ドブ板選挙②
  4. 三重大ブランドの紅茶販売 学生ら開発参加
  5. 「絶対無理」と言われたアナゴ養殖に成功-伊勢・明和町の漁師が専門…
  6. 日本初か?ボイルした伊勢エビの常温保存-鳥羽の水産会社が開発
  7. 底引き網、カツオ節作り…大学生が実習航海
  8. ダイニングを一新、伊勢志摩の旬を提供 戸田家/三重

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com