伊勢志摩鳥羽のトピックス

若者定住で町職員と住民が知恵絞る 南伊勢

南伊勢町は、若者の定住促進を目指し、

町職員や町民による六班のワーキンググループ(WG)をつくり、

若者が住みたくなるまちづくりに向けたアイデアを練った。

話し合いは昨年十一月に始まり「若者定住団地の新設」

「転入者向けの専門窓口の開設」といったアイデアが提案された。
 

WGは、町の課長級職員による意見交換の場「課長戦略オフサイト」で発案され、

組織された。
 

各課長による三班、係長の一班、若手職員の一班、町の活性化などに向けた

町民グループ代表らと若手職員による一班に、計四十六人が加わり、

五回ほど集まって話し合いをした。
 

十日に町役場南勢庁舎で発表会があり、各班のメンバーや小山巧町長、

町議ら計約六十人が参加。

企画・提案書説明用ソフト「パワーポイント」を使って各班ごとに発表した。
 

若者定住団地は、課長たちによる班の一つが提案した。

新たな一集落を津波被害の心配が少ない高台に新設。

低地にある病院や保育所など公共施設の新集落への移転も検討し、

将来は四百区画の集落を目指すという内容だ。
 

専門窓口開設は、係長の職員たちによる班のアイデアで、

町内外企業や漁協、JA、ハローワークとも連携し、仕事のことから住宅、

利用できる補助金までなど、さまざまな転入者からの相談を総合的に

一つの窓口で受けられる態勢を整える。
 

こうしたアイデアは、今後、課長戦略オフサイトを中心に事業化を検討し、

事業化が決まれば、WGと担当課が協力して事業を推進する。
 

提案を聞いた小山町長は「早速にでも取り掛かりたい提案もあった」と講評した。
 

国勢調査によると、町の二〇一〇年の人口は、〇五年比11・4%減の

一万四千七百九十一人。

十四歳以下の人口は〇五年比28・3%減の千三百人。

http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20130119/CK2013011902000013.html

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. ネットで観光資源発信 熊野古道商工会がスタジオ(三重県)
  2. 伊勢志摩から200キロ先の世界遺産へ-2つの世界遺産同時観測スポ…
  3. 10月1日から伊勢海老漁が始まります。
  4. 大型連休の観光客数25・8%増加 三重県内の主要観光施設
  5. 近鉄賢島駅のペンギン駅長「志摩ちゃん」退任、ペンギン列車は今年も…
  6. 全国の温浴施設に尾鷲特産コーナー 「商品知ってもらえれば」
  7. 比嘉 伊勢神宮にパワーもらった Vで米ツアー切符獲る
  8. シラス干し:コウナゴ漁解禁で始まる−−伊勢 /三重

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP