伊勢志摩鳥羽のトピックス

謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」絶食1523日、啓蟄でも食べず

3月5日、春になり土の中にこもっていた虫たちが動き出すという二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」になっても、鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽、TEL 0599-25-2555)で飼育展示中の謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」は、かたくなに水槽の中でこもったまま絶食を続けている。

 1523日間の絶食記録を更新したのは、2007年9月9日入館の「No.1」。前回食べたのははるか昔、4年2カ月前の2009年1月2日だ。飼育研究部の森滝丈也さんは「もういいかげんにしてほしい。早く食べて安心させて~」と困惑。

 この日は、初めて餌をマイワシ、ニギス、メヒカリに変えた。森滝さんは「臭いの強いものを与えると反応がいいというのでマイワシを、同じ深海に住むタカアシガニがよく食べるというのでニギス、メヒカリを与えてみたが、今回も見向きもしなかった」と悔しがる。

 森滝さんは「今日は暦の上で啓蟄なので、動き出してくれるかと期待したが、やはりだめでした(苦笑)。前回の餌やりではあごを動かしていたのに、今回はあごを動かしていなかった。元気なんだけど、左前足も動かなくなっている」と心配も募る。

 今後同館は、これまでの1カ月に1度の定期的な餌やりを、「今日は食べてくれるかも!」と森滝さんが判断したときその都度あげるように餌やりのルールを変更する。

http://iseshima.keizai.biz/headline/1673/

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 「ハナモモの名所に」 三重・伊勢市で市民たちが植樹
  2. マグロ132トン水揚げ 「良栄丸」尾鷲港に帰港 高鮮度処理で高値…
  3. 遺作展:伊勢志摩国立公園協会元事務局長・玉置さん制作の海女人形1…
  4. 小粒のみかんの美味しい季節がやってまいりました。
  5. 名作の舞台へ旅誘う 三重県が観光冊子
  6. 伊勢神宮は内宮の、おはらい町に唯一の宿泊施設がオープンしました。…
  7. 雨の中「浜参宮」始まる 伊勢神宮の式年遷宮
  8. かつて無いシナジー効果を生む『やきそば牛丼』を食べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP