伊勢志摩鳥羽のトピックス

鳥羽の賀多神社 組み立て式の能舞台を修復 来年の遷宮向け


写真=伊勢新聞
修復される能舞台の鏡板を確認する川村会長(奥)=鳥羽市鳥羽3丁目の旧鳥羽小講堂で】

全国で広島県福山市の沼名前神社と鳥羽市鳥羽二丁目の
賀多神社にしか現存しない江戸時代末期の組み立て式能舞台
(県指定有形民俗文化財)の復元に取り組む鳥羽市能楽保存会は
三月三十一日、同市鳥羽三丁目の旧鳥羽小学校講堂で修復作業を実施した。
現存する能舞台は嘉永六(一八五四)年に再現された
切り妻造りの板ぶき屋根で、保存会では平成二十七年十月にある
同神社御遷宮に向け、昨年から劣化の激しい舞台部分を中心に修復し、
演能できるように努めてきた。
昨年は五・五メートル四方の能舞台の板を張り替え、
今回は舞台正面に老松が描かれた鏡板(縦一・八メートル、横五・四メートル)と
能舞台につながる長さ五・四メートルの橋がかりを新しいヒノキ板に張り替えた。
修復には市の補助金と氏子を中心とした保存会で会費を募り、
二年間で百八十五万円を費やした。
同神社の能は、元禄時代に流行した疫病を治めるために神事踊りを
奉納したのが始まりとされ、十数年前までは春の例祭で薪能が奉納されていたが、
後継者不足により途絶えている。
同会は九年前に地域の歴史文化継承と後継者育成を目的に発足し、
春の例祭では境内の仮設舞台で同会の子どもらが狂言を奉納している。
川村光徳会長(76)は
「来年の例祭は復元した舞台を組み立てて狂言を奉納し、
遷宮では能を奉納したい」と話していた。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢山上で開山式 松阪
  2. 【三重県多気町に建設中の日本最大級の商業リゾート施設が開業】日本…
  3. 尾鷲マダイ味力の料理 夢古道でフェア始まる
  4. 三重ブランド 天然とらふぐ《あのりふぐ》がメチャクチャ美味しい季…
  5. 出来たて伊勢醤油 内宮に奉納
  6. 鹿肉のジビエ料理を考案 飯高の子育てサークル
  7. chunuchisinbun 井村屋の松阪工場、7月から稼働 ようかん専用ライン
  8. 写真家 宮澤正明が選ぶ、撮っておきの伊勢志摩コンテスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com