伊勢志摩鳥羽のトピックス

Tシャツ、バッグに伊勢うどんをデザイン


伊勢うどんデザインのTシャツとバッグを紹介する野田さん=伊勢市のSPACEで
写真=中日新聞

伊勢の名物「伊勢うどん」をデザインしたTシャツとバッグが、伊勢市宮後二の子ども服店「SPACE」に登場した。地元で生まれ育った店長の発案で、おなじみの太麺が目を引くシンプルな絵柄。うどんのように地域で親しまれる存在を目指している。
 二年前に実家の一階にSPACEを開店させた野田貴啓店長(34)。「伊勢ならではの素材で洋服を作れないか」と思い立ち、真っ先に浮かんだのが子どもの頃から食べてきた好物の伊勢うどんだった。
 デザインは親交がある市内のデザイナー中谷武司さん。野田店長は以前から、中谷さんが手掛けた土産物用の伊勢うどんの包装を気に入っており「今までにないデザインを作ってもらえるはず」と依頼した。
 真っ白な麺が模様を描き、世代や性別を問わず使いやすいデザインに仕上がった。伊勢うどんが広まってほしいとの思いを込め、女神をまつる伊勢神宮にちなんだ「The Goddess of the Noodle(麺類の女神)」の文字も入る。
 フェイスブックなどで情報発信していたため発売前から予約や問い合わせが続き、東京など遠方からも注文が舞い込むなど人気は上々。野田店長は「うどんのように、日常の中で気軽に使って楽しんでもらえればうれしい」。デザインを雑貨などにも取り入れていく構想も膨らませている。
 Tシャツは黒と白の二色で男性用のS、M、L、XLと女性用、子ども用の九〇~一六〇センチのサイズがそろう。布製のバッグは黒とグレーの二色。全て二千七百円(税別)で、SPACEと河崎二のカフェ「モナリザ」で販売中。SPACEのホームページで通信販売も受け付けている。
 問い合わせは、SPACE(水曜日定休)=電0596(28)5946=へ。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 南伊勢町 おいないさキャンペーン夏2022
  2. 伊勢志摩経済新聞 上半期PVRank1位は「深夜の美しすぎるコン…
  3. 丸山千枚田、18日に田植え 会員棚田の札に名入れ 書道部員、心込…
  4. こんなの見つけた!「三重のお宝マーケット」と「どこでもキャッチャ…
  5. まごの店で「すし祭り」 相可高生、職人ら腕振るう 多気町
  6. 農事組合法人 土実樹(つみき) パッション溝口氏に今年の伊勢志…
  7. 観光好調「勢い維持したい」 県幹部と省庁関係者が親睦 東京
  8. 鹿肉のジビエ料理を考案 飯高の子育てサークル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com