伊勢神宮式年遷宮

伊勢神宮 耕作開始告げる祈年祭 魚介供え幣帛奉納

伊勢市の伊勢神宮の内宮と外宮で十七日、
春の耕作の始まりを告げる祈年祭が始まった。
神前にアワビなどの神饌(しんせん)を供え、
天皇陛下からの幣帛(へいはく)を
奉納して五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。
内宮では午前十一時ごろ、神職約二十人や出仕たちが
忌火屋殿前に整列した。
唐ひつに納めた魚介などの神饌をおはらいし、
正宮とそのほかの社殿に担いで行った。
正宮へのアワビは御贄(みにえ)調舎で
仕上げの調理をしてから供えた。
先週末からの雪があちこちに溶け残っていたが
神事には影響なく、午後には陛下の勅使が
参列して幣帛を奉納した。
祈年祭は二十三日まで一週間をかけて、
伊勢神宮の百二十五社全てで執り行われる。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 外宮でも奉幣や大御饌 全ての諸祭事終わる 御神楽最後に
  2. お伊勢さん~伊勢神宮式年遷宮~完全版BOX パート2
  3. 伊勢市 神宮参拝者数、過去最高に 年間予測、1330万に上方修正…
  4. 石橋&三村、木梨&大竹が初ヒッチハイクで伊勢神宮目指す
  5. 東京まで500キロ走破へ 塚田さんが内宮出発 13日到着目指す
  6. 伊勢 「初穂船」が浸水式 遷宮機に造り替え
  7. 伊勢 新正宮に奉納品 遷御一夜明け儀式続く
  8. 新旧並び歳月実感 伊勢神宮、上空を公開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com