伊勢神宮式年遷宮

伊勢神宮外宮のご正殿も公開-20年に一度の式年遷宮で新たに

20年に一度社殿や神宝などを新しくする第62回式年遷宮が
着々と進む伊勢神宮で8月17日、外宮(げくう)正殿の
新御敷地へ白石を敷き詰める「お白石持(しらいしもち)行事」が
始まった。
$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
唯一神明造りの伊勢神宮外宮ご正殿(写真・伊勢志摩経済新聞)

 普段一般の人が入ることができない正殿を特別に見ることが
できるのは、同行事に参加した人だけの特典だ。
この日はメディア関係者にも公開され、完成したばかりの
ヒノキ香る新しい正殿をビデオカメラやスチールカメラで撮影した。

 同行事は、9月1日までの10日間行われ、内宮(ないくう)へは
7月26日から8月12日まで行われた。
この日最初に奉献したのは伊勢市中村町の約400人。
同町の子どもたちは新御敷地に入ると同時に「すごい~」と
大声で叫びながら素直に感動を表現していた。

 大切に白いハンカチに包んで運んだ白石をそっと新御敷地に
置く姿はとても印象的で、白石を置くと自然に手を合わせて祈る
姿も多く見られた。

 家族で参加した同町民は「無事白石を奉献することができた。
この今にしか入ることができないご正殿はとても清らかで、
自分の心も整っていくような感覚。
20年後も無事家族で奉献できることをお祈りした」と感想を漏らした。

 外宮の「お白石持行事」には、76奉献団の約7万1000人と
全国の神社関係者など約3万2000人の「特別神領民」が
参加する。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 外宮 夜明け前から大行列 2000人超、新正宮に参拝
  2. 伊勢神宮内宮 遷宮祝う優雅な舞楽
  3. 伊勢神宮せんぐう館:80万人突破 出水市・森さん夫妻、記念すべき…
  4. 遷御の準備整う 伊勢神宮外宮
  5. レンズが追った式年遷宮 写真家・三好さん 銀座で60点展示
  6. 遷御へ「洗清」営まれる 神宮外宮
  7. いざ伊勢神宮へ! 豊受大神宮 外宮(げくう)
  8. 伊勢神宮、内宮新正殿を報道陣に公開

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP