伊勢神宮式年遷宮

出雲大社&伊勢神宮で使える!縁結びパワーを全開にする神社モテテク・5選

今年は、島根の出雲大社と三重の伊勢神宮という
神社業界のツートップが、約2000年の歴史で初めて、
同時に「遷宮(神殿の引っ越し)」を行う奇跡の年です。
日本最強の神社がリニューアルオープンするとあって、
そのご利益にあやかろうと、どちらもたくさんの
参拝客が訪れています。
毎年、日本中の神様が集合する“約束の地”出雲大社か、
日本の最高神である天照大神をまつる伊勢神宮か、
どっちに行くか迷うところですね。
『ハウコレ』は、「恋とメイクのハウツーサイト」なので、
今回は恋愛パワーを優先し、日本最強の縁結び神社と
名高い出雲大社まで出張取材をしてきました!
出雲大社に来ていた女性連れのイケメンから聞いた、
“神社でされたらキュンとすること”をご紹介しちゃいしょう!
使えば、縁結びパワーも全開になるかも!?

1.鳥居をくぐる前におじぎをする
「ついつい忘れがちなことを教えてくれると、
素敵だなと思います」(34歳/議員)
日本最強のパワースポットということは、
こちらもそれ相応の心の準備をしないといけません。
まずは礼を尽くすことからはじめましょう。
鳥居をくぐる際にちゃんとおじぎをすることを
教えてあげると同時に、「ここは特別な場所」という
“非日常感”を演出しましょう。
“非日常感”は、恋愛において極上のスパイスです。

2.手の清め方を教えてあげる
「笑っちゃいけない場所だと笑いたくなる感じに似て、
神聖な場所なので普通以上にドキドキする」(32歳/テレビ関係)
神社を参拝する前には、手を清める必要があります。
たいていの男子はその方法を知らないので教えてあげましょう。
正しい清め方は、
右手でひしゃくを持ち水をすくう→左手を洗う→持ち替えて右手を洗う
→左手に水をすくい、その水で口をすすぐ→左手を洗う→
ひしゃくの持っていたところを残った水で流す→
ひしゃくを戻す、の順番です。
このとき、胸元が空いた服を着てるのがポイント。
カレは手を清めつつ、心は煩悩まみれ。
あなたにただならぬ縁を感じることでしょう。

3.巨大しめ縄にナイスリアクション
「大きいことは良いことです」(29歳/音楽関係)
出雲大社には、拝殿と神楽殿に特大のしめ縄が飾ってあります。
これが見えたら、「大きい~」と言い続けましょう。
このモテテクは、出雲大社限定ですが、まつられている
大国主大神にも、「大」の字が2つも入っている「大」に
ちなんだ場所なので、繰り返し口に出すことで、
どんどん縁結びパワーが集まってくるかも!?
「太い~」「すっごい~」といったコメントも織り交ぜていくと、
より効果的な気もします。
でも、神様に怒られないよう、ほどほどにしてくださいね。

4.5円玉を渡してあげる
「さりげない気遣いに思わずグッときますね」(28歳/PR会社)
いざ、お参りをしようとしたら、「小銭がない!」なんて事態、
よくありますよね。お賽銭は、“ご縁”にかけて5円玉が
良いとされていますが、お賽銭の順番が来てメンズが
ゴソゴソやりだす前に、さりげなく渡してあげると評価アップ間違いなし。
コンビニとかの店員さんがたまにやる、両手で包んでおつりを
返すやり方を真似て、両手で包むように渡しましょう。
左手を彼の手の甲にあてて、ツーッとソフトタッチで5円を
置いてあげると、彼の頭の中は、神様にお願いするどころの
さわぎじゃありません。

5.おみくじを奪い取って胸元にしまう
「些細なことで一喜一憂してる姿にキュンとする」(29歳/出版社)
ひと通りお参りをしたら、最後はおみくじです。
実は、メンズはあまりおみくじに興味がありません。
そこで、メンズがおみくじを引いたら、開ける瞬間に
奪い取って自分の胸元にしまってしまいましょう。
これをされると、あまり気にならなかったおみくじの結果が、
気になって気になってしょうがなくなるはずです。
そして、気がつけば、あなたのことが気になって気になって
しょうがなくなっていることでしょう。
これぞまさに、神社マジック。

まとめ
10月のことを旧暦で「神無月」と呼びますが、
これは日本中の神様が出雲大社へ出張してしまうため。
一方、来られる側の出雲地方では「神在月」と呼んでいます。
出雲大社では、旧暦の10月10日にあたる11月12日から一週間、
全国から集まった八百万の神様を迎える行事を行います。
きっと、その日は普段よりも縁結びパワーがアップするはず。
ぜひ、みなさんも訪れてみてはいかがでしょうか。

ソース(アメーバニュース)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 『伊勢の神宮』式年遷宮記念切手・神宮桧材が限定販売
  2. 20年ぶり伊勢神宮で「式年遷宮」 経済効果は2416億円
  3. isesinbun 伊勢 「初穂船」が浸水式 遷宮機に造り替え
  4. isesinbun 外宮でも奉幣や大御饌 全ての諸祭事終わる 御神楽最後に
  5. とんねるず×さまぁ~ずの一文なし旅SP、今夜第2弾
  6. 三重県・伊勢神宮へは近鉄観光特急「しまかぜ」で – …
  7. 独創世界が観衆魅了 外宮で舞台公演奉納
  8. ラッピングバスで「神武様が行く」=宮崎〔地域〕

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com