伊勢神宮式年遷宮

陸曳スタート お白石持行事

伊勢神宮(伊勢市)の式年遷宮で、市民が白石を運び新社殿の
周囲に敷くお白石持(しらいしもち)行事は二十八日、白石を
積んだ奉曳(ほうえい)車で陸路を進む陸曳(おかびき)が始まった。
古市町と宇治浦田一の市内二カ所を出発点に、地元奉献団十団が、
参拝者であふれるおはらい町を通って内宮の宇治橋前を目指した。
古市町から江戸時代の参宮街道を通る内宮までの二・七キロを
引く船江神習組。
市中心部の住民約六千人が参加し、全七十七奉献団で最大級の団と
なった。
奉曳車も高さ三・五メートル、長さ七・一メートル、
車輪の直径一・五メートルとひときわ大きい。
参加者が左右両側の綱を握り、木やりや掛け声を上げて威勢良く
車を引っ張ると、車輪からは「ワン鳴り」と呼ばれるほら貝を吹く
ような「ブオーン」という音が響いた。
道中の牛谷坂と呼ばれる緩やかな下り坂では、車の後ろからも綱を
引っ張って速度を調節しながら一気に降り、参加者から大きな拍手が
湧き上がった。
団長の西田正さん(53)は「二十年待ち続けてきたこと。
人数の多い団ながらも一人一人が無事に石を納めることができて
満足です」と話していた。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 独創世界が観衆魅了 外宮で舞台公演奉納
  2. 伊勢神宮 耕作開始告げる祈年祭 魚介供え幣帛奉納
  3. 神宮の殿舎、神職ら水拭き 内宮で「洗清」
  4. お伊勢さん~伊勢神宮式年遷宮~完全版BOX
  5. 伊勢神宮、明治神宮と皇室 その”神格化”…
  6. にほん風景遺産~式年遷宮の伊勢 メ~テレ23日放送
  7. 伊勢 新正宮に奉納品 遷御一夜明け儀式続く
  8. 遷御へ「洗清」営まれる 神宮外宮

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP