伊勢神宮式年遷宮

20年ぶり伊勢神宮で「式年遷宮」 経済効果は2416億円

20年に1度の伊勢神宮の「式年遷宮」は2013年10月2日夜、
新しい社殿にご神体を移す「遷御の儀」が内宮で厳かに営まれた。
そうしたなか、地元・三重県を地盤とする百五銀行のシンクタンク、
百五経済研究所では「式年遷宮」に伴う参拝客の急増などによる
経済効果を、2416億円と試算した。
伊勢市によると、戦後3回の遷宮があった年をみると、
1953年が約482万人(対前年比58%増)、
73年が約859万人(同38%増)、
93年が約839万人(同27%増)と際だつ。
今回は2011年に過去最高の約883万人を記録するなど遷宮の4年前から
800万人前後で推移していることから、13年は1000万人の
大台を超えるとみている。
百五経済研究所がまとめたリポートによると、伊勢・志摩地域に
年間1000万人が訪れた場合、三重県内の消費支出額は例年に比べて
500億円程度増え、2416億円に達する。
内訳は、宿泊費841億円、みやげ物などの買い物費用562億円、
飲食費404億円などを見込んでいる。
1993年には高速道路が伊勢まで延び、内宮前におかげ横丁などが
開業するなど、道路整備や施設の建設が目を引いたが、
今回は「おもてなし」や旅行商品の開発などに力が注がれていると
指摘する。
ソース(J-CASTニュース)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢神宮式年遷宮|“地元人に聞く”伊勢のB級グルメ~BAR★伊勢…
  2. 伊勢神宮、明治神宮と皇室 その”神格化”…
  3. ドキュメント 式年遷宮の街
  4. 伊勢神宮 新社殿完成で神事
  5. 阪神沿線発の「伊勢神宮初詣割引きっぷ」と「阪神・近鉄初詣1day…
  6. せんぐう館 伊勢参宮の今昔 絵図やパネルで紹介
  7. 大雪で伊勢神宮の参拝者が立往生
  8. 伊勢神宮外宮のご正殿も公開-20年に一度の式年遷宮で新たに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com