志摩男ちゃん日記

秋空に優美な舞神楽祭にぎわう

伊勢市の伊勢神宮で22日、秋季神楽祭が始まり、
内宮神苑(しんえん)の特設舞台で舞楽が公開された。
神宮楽師らが、邪気を払って舞台を清める舞「振(えん)鉾(ぶ)」、
仮面を着けた中国の武将の舞「蘭陵王(らんりょうおう)」、
雌雄の龍が舞い遊ぶ「納曽利(なそり)」を演じ、舞楽の最後に楽器の
演奏だけを行う「長慶子(ちょうげいし)」が披露された。
秋空の下、舞台前には多くの参拝者が詰めかけ、ゆったりとした笛、
太鼓の音や優美な舞に酔いしれていた。
24日まで、午前11時と午後2時の2回行われる。
雨天は、参集殿奉納舞台で午前11時からの1回となる。
ソース(読売新聞)

神宮で神楽祭り みやびな舞、きりり
伊勢市宇治館町の伊勢神宮内宮神苑で二十二日、
国民の平安を祈って舞う「秋季神楽祭」が始まり、
色鮮やかな衣装に身を包んだ舞人らが、
みやびやかな音楽に合わせて勇壮な舞を披露した。
二十四日まで。午前十一時と午後二時からの二回。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
写真=伊勢新聞
【大勢の観客を魅了した舞楽「蘭陵王」=伊勢市宇治館町の伊勢神宮内宮で】

この日は、邪気をはらい舞台を清める「振鉾(えんぶ)」から始まり、
「蘭陵王(らんりょうおう)」「納曽利(なそり)」舞を
伴わない舞楽曲「長慶子(ちょうげいし)」の四曲が公開された。
「蘭陵王」は、中国北斉の蘭陵王長恭の武勇をたたえて作られた舞楽。
美しい容姿の蘭陵王が、いかめしい仮面を着けて戦場に臨んだことにちなみ、
舞人が龍頭をいただいた仮面を着け、右手に金の桴(ばち)を持って力強く舞った。
「納曽利」は、雌雄の龍が舞い遊ぶ様子を表現した舞といわれている。
吊顎に長い牙をむいた龍のような面を着け、もえぎ色を基調とした
衣装の舞人二人が呼吸を合わせて、二匹の龍が楽しげに遊ぶように演じた。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 宮川上流でアユ解禁 藻の生育良く豊漁期待
  2. 志摩病院ニュース2013-3
  3. この記事は表示できません
  4. 志摩市浜島でマコガレイ36センチ
  5. 豊かな心を手に入れる77のエッセンス
  6. 第2回式年遷宮記念フォーラム「伊勢参りの今昔」の開催
  7. 世界遺産10年でキャッチコピー 熊野古道伊勢路
  8. ソマチッドと714Xの真実

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP