伊勢志摩鳥羽のイベント

ピカソ、ブラック、藤田嗣治らと交友-志摩出身洋画家「平賀亀祐」展

三重県志摩市出身の洋画家・平賀亀祐(かめすけ)画伯の展覧会
「平賀亀祐展~亀祐と同郷を生きた作家展~」が現在、
絵かきの町・大王美術ギャラリー(志摩市大王町)2階展示室で開催されている。

「平賀亀祐」記念館

 1889(明治22)年志摩町片田で生まれた平賀画伯は、
16歳のときに画家を志しアメリカに移民、サンフランシスコ美術大学で
絵を学んだ後、36歳でフランスへ。
その翌年1926(大正15)年に300年以上の歴史を持ち、ドガ、ドラクロア、
ミレー、マネ、モネ、ルノワールらも出品する世界最古の国際公募展「ル・サロン」で
初入選しその後、1934(昭和9)年に銅賞、1938(昭和13)年に銀賞、
1954(昭和29)年に最高賞の金賞とコロー賞を日本人として初めて受賞する
経歴を持つ。
パブロ・ピカソやジョルジュ・ブラック、アンドレ・ドラン、藤田嗣治らと
交友関係にあり、フランスを訪れる若き日本人画家の世話をした。
1971(昭和46)年にパリ国際美術協会の副会長に就任するも、その年の11月5日に
パリの自宅で永眠する。
$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
 画伯のファンで支援者であった高知の故伊澤正三さんが所蔵していた
作品20点が昨年6月、伊澤さんの遺族で大阪市在住の中田睦美さんから同市に
寄贈された。
同展では、そのうちの12点と画伯から絵画を学んだ柴原皖(かん)さんや
志摩市にゆかりのある故南幸男さん、坂中功一郎さん、山際倭文子さん、
山本道乗さんの作品9点を同時に展示している。

 1926年フランスに渡った初期の貴重な作品や水彩画やパステルクレヨン画、
版画など珍しい作品や、生涯1万点以上描いたという画伯の作品の中で唯一の
自画像も展示。

 同市地域振興係で同ギャラリーの担当の荻野珠奈(まりな)さんは
「3階の平賀亀祐記念館と合わせて画伯の作品を見ていただければ」と話す。
昨年6月、同ギャラリー開館1周年記念として画伯の親族・平賀菊栄さん(神戸市在住)
から画伯の自叙伝「一本の釘」20冊の寄贈を受けた。
同市内のライブラリー、図書室で貸し出し可能となっている。

 開館時間は9時~17時、火曜・水曜、12月28日~1月4日休館。
観覧料は、大人=200円、高校生・大学生=100円、中学生以下無料。
7月22日まで。
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊勢神宮を創建した「倭姫命」が伊勢にたどり着くまでのストーリーー…
  2. 志摩いそぶえ会の皆さん主催「いっしょに食べよう。志摩」のお知らせ…
  3. 日本の原風景テーマに特別展 神宮美術館20周年記念
  4. めおチュー「夫婦の町の中心で愛を叫ぶ」
  5. 国内最高峰の外洋ヨットレース「パールレース」に52艇、順調よくフ…
  6. お伊勢さん125社①「二見7社めぐり」
  7. 幻想的な三ツ島を演出 8月にライトアップ
  8. 「第62回 神宮式年遷宮 特別企画 伝統文化を継承する伊勢神宮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP