伊勢志摩鳥羽のイベント

幕内力士のトーナメント選士権「伊勢神宮奉納大相撲」-新しくなった相撲場で

伊勢神宮への奉納として力士たちが取り組む恒例の「神宮奉納大相撲」が4月1日、神宮会館(伊勢市宇治中之切町、TEL 0596-22-0001)内の神宮相撲場で執り行われる。主催は伊勢神宮崇敬会(同)。
 毎年、横綱や大関など幕内力士のほか十両、幕下、三段目など力士など総勢200人以上が伊勢に集まり、迫力ある取組を見せる。昨年は中止されたが、今年で57回を数え、伊勢の春の風物詩として親しまれている。1955(昭和30)年にできた同相撲場は、これまで土俵を覆う屋根はあったが客席にはなかったため、3月23日に客席も覆う屋根を新しく取り付けたばかり。
 毎年約3000人を集客する伊勢神宮奉納大相撲。当日は、13時ごろからの幕内力士によるトーナメント選士権があり、白熱する取組を見せる。朝7時から若手力士による稽古相撲、11時ごろから少年力士の稽古、序二段・三段の取り組みなどテレビでは見ることができない取組もある。

 一方、11時ごろ、横綱、大関、太刀持ち、三役力士が色鮮やかな化粧まわしを締めて伊勢神宮宇治橋を渡り、横綱による「手数入り」、三役力士の「そろい踏み」を神宮神苑(しんえん)で奉納する。  担当者は「テレビで見る人気力士の生の迫力を間近で体感してほしい」と話す。「駐車場がないので公共交通機関を利用してほしい」とも。当日は、相撲グッズや弁当の販売、相撲場上屋竣工記念の「紅白祝餅」の配布もある。
 前売り券は、大人=3,500円、中高生=1,000円、小学生=500円。当日券大人=3,800円。全席自由。問い合わせは神宮会館まで。

伊勢志摩経済新聞より
http://iseshima.keizai.biz/headline/1375/ 

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 海の安全祈願 鳥羽・正福寺で御船祭り
  2. 伊勢市で「上映会」「フランダースの犬」
  3. 三重県鳥羽市 第二伊勢道路、14日に開通 2700人、記念ウオー…
  4. 「第15回ツール・ド・熊野」が30日から4日間開催
  5. R260ロードフェスタ開催のお知らせ
  6. 玉城花ぐるめ:花と地場産食材のレシピコンテスト
  7. ノルディックウォーキング大会 IN 鳥羽市・答志島
  8. 春巡業スタート 両横綱、伊勢神宮で奉納土俵入り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP