伊勢志摩鳥羽のイベント

志摩の福祉施設で100キロのマグロ解体ショー、災害協定締結きっかけで

介護老人保健施設「志摩豊和苑」(志摩市阿児町)で地域の絆を深めようと4月7日、利用者や地域住民など約300人が同施設に集い「春祭り お花見会」を開いた。

志摩の福祉施設「志摩豊和苑」でマグロの解体ショー

 1997年開設の同施設は昨年10月、志摩市と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」を結び、災害時に近隣住民の避難所として受け入れ体制を整えた。海抜44メートルの高台に建ち、小型自家用発電機5台、備蓄倉庫や防災倉庫で食料や介護に必要な物資などをそろえる。

 同施設事務長代理で防災管理者の早川哲夫さんは「これまでは利用者とその家族らで行ってきたお花見会だったが、災害協定締結をきっかけに地域住民との絆をより深めることが大切だと認識し、今回から地域住民や消防団の皆さんを招待させていただいた。マグロも3本で100キロ以上と奮発した(笑)」と説明する。

 お花見会では、和歌山県の勝浦漁業協同組合の協力で32.5キロのメバチマグロ1本と35キロのキハダマグロ2本(約600人分)を用意、日頃から「刺し身が食べたい」という利用者のリクエストに応えた。マグロの解体には周辺ホテルの料理長などがボランティアで駆け付けた。

 利用者からは「おいしい」「もっと食べたい」「最高(笑)」などと笑みがこぼれていた。早川さんは「漁業者の多い地域なので利用者は昔からいつも新鮮な刺し身を食べてきていることもあり、刺し身のリクエストはとても多い。福祉施設では食中毒の懸念があるため普段の食事には生物はほとんど出していないが、今回は入念な計画の下でマグロの解体ショーを実行した。とても喜んでもらえたので良かった」と話す。

ソース(http://iseshima.keizai.biz/headline/1704/)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 大学、行政との連携を 伊勢で図書館フォーラム
  2. 第1回 南伊勢町フィッシングフェスティバル
  3. しまコン-話題の街コンが「志摩」で第2回目開催!!
  4. 伊勢市で「上映会」「フランダースの犬」
  5. 伊勢神宮宇治橋封鎖、横綱白鵬や新大関鶴竜ら神宮奉納大相撲で
  6. 海の安全祈願 鳥羽・正福寺で御船祭り
  7. グレース・マーヤさんのジャズライブ-伊勢・二見老舗旅館「浜千代館…
  8. みかんボランティアプロジェクト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP