伊勢志摩鳥羽のイベント

浦村カキ食べ尽くす鳥羽の催し、7万個超に列 

鳥羽市浦村町の海の博物館で二十二日、地元特産のカキをテーマにした食のイベント「浦村牡蠣(かき)の国まつり」があった。七万個を超すカキが用意され、県内外からの来場者約四千人が冬の味覚を堪能した。

 カキ養殖の同業者団体などでつくる実行委員会の主催。大鍋で調理したかき入りのみそ汁二千杯の振る舞い、金網を置いた半割のドラム缶にまきをくべて豪快に仕上げる焼きがきや蒸しがきの販売などがあった。
 人気はカキの詰め放題で、プラスチック製の籠に入れた分だけもらえる。三十秒の時間制限ながら参加費五百円とお値打ちのため順番待ちで長蛇の列ができた。参加者は台上に山積みのカキを籠へ次々と放り込み、抱えるようにして持ち帰った。
 会場にはカキを使ったチャウダーやチヂミの販売ブースも並んだ。イベントの運営には、三月末で閉校となる地元の鏡浦中学校の生徒らも協力。餅まきでは、まき手を舞台上で務めるなど思い出を作った。
 焼きがきを味わった伊勢市上地町の村上秀信さん(76)美智代さん(72)夫妻は「新鮮なカキが食べたくて初めて来た。思った以上に身が大きくておいしい」と満足そうに話した。
ソース(中日新聞)
三重県鳥羽の浦村牡蠣が食べれるプランの宿泊施設はこちら

浦村カキに4000人舌鼓 鳥羽でイベント
県内産カキの三分の二を出荷する、鳥羽市浦村町の浦村カキ組合などは二十二日、同町の海の博物館で「浦村牡蠣の国まつり」を開き、約四千人の来場者が焼きガキやカキ汁などに舌鼓を打った。
まつりの実行委は、昨年より二万個多い約七万個のカキを用意。三個百円の焼きガキ販売や、五百円で三十秒間のカキ詰め放題、カキの箱詰めなどが当たる一回百円のくじ引き大会があり、大盛況だった。
毎年手伝いに来ている市立鏡浦中学校(同町)からは生徒七人が参加し、カキ飯販売や餅まきを手伝った。同校は本年度で閉校する。二年生の山本海都君(14)は、「閉校後も地域の一員として、まつりを運営する手伝いをしたい」と語った。
亀山市みずきが丘、会社員水谷道さん(38)は家族や友人と共に来場。「明日は取り放題で取ったカキを使い、バーベキューをする。蒸しガキがふっくらとしてておいしかった」と満足げだった。
ソース(伊勢新聞)

三重県鳥羽の浦村牡蠣が食べれるプランの宿泊施設はこちら

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. さくら 逆転賞金女王「目指していきたい」苦手コース攻略だ
  2. 賢島宝生苑イベント ~歌舞繚乱 日本の心 ~『愛と絆』
  3. 伊勢の雪像が大好評 さっぽろ雪まつり
  4. 明和の斎宮歴史博物館で企画展始まる
  5. R260ロードフェスタ写真集(Facebook投稿より)
  6. 伊勢・五十鈴川で「桜まつり」-ライトアップされた桜を眺めながらク…
  7. ばら色のホワイトデー
  8. 最終回「いよいよ伊勢の国・お伊勢参り」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP