伊勢志摩鳥羽観光情報

志摩の海女が身につける魔除け、セーマンドーマンの謎

三重県志摩地方の海女が身につける魔除けである。
“ドーマン・セーマン” とは、海女さんたちが

「トモカズキ」から身を守るために用る魔除けのマークで、
頭に巻く手ぬぐいに刺繍したり、アワビを採るための道具に彫刻したりします。

「トモカズキ」とは、海女と同じ格好をした亡霊のようなもので、
潜っているとそばで同じように作業をし、それに気をとられていると命を
落とすといわれています。しかし、その亡霊の磯着にはドーマン・セーマンの印はないので、
見分けることができるのです。
なぜ、星形と格子なのか?

星形は一筆書きで元の位置に戻り始めも終わりもないことから魔物の
入り込む余地がなく海女達の口伝に寄れば『無事に戻ってこれるように』との
祈りを込めたともいわれている。

 

格子は多くの目で魔物を見張るといわれる。出入り口がわからないから悪魔が入りにくく、その間にトモカズキといわれる
悪霊から逃げられると信じられています。

陰陽道との関係

セーマンは安部清明、ドーマンはそのライバル、蘆屋道満からとったものと
いわれています。
2人とも平安期の陰陽師で、各地に2人にちなんだ伝説が残されています。
 

星形の 印「セーマン」は安倍晴明判紋(晴明桔梗印)、

五芒星は、陰陽道では魔除けの呪符として伝えられている。横5本、縦4本の線により構成される格子状の印「ドーマン」は
九字紋(臨・兵・闘・者・皆・陣・列・前・ 行…の九文字を唱えて魔を避けることに由来)です。

「帝都物語」にも登場 

黒い五芒星(ドーマンセーマン)の紋様がある白手袋を着用している。

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 夏の特別キャンペーン『超ハレオパス』
  2. 仲間入りしました 大紀町の動物園にエミューの子ども
  3. 当館の大女将も若い頃は海女でした。 みち潮
  4. 熊野市が観光タクシー事業 名所巡る12コース あすから開始
  5. 「乗り放題もセット」で「伊勢志摩」へ「神宮式年遷宮」記念の特別き…
  6. 鉄道写真コレクション JR東海、臨時急行「いせ」登場 ̵…
  7. 三重テラス始動 魅力アピールに課題
  8. 鳥羽の中国人ホテルマン李さん 伊勢志摩写真集

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP