伊勢志摩鳥羽観光情報

鳥羽の中国人ホテルマン李さん 伊勢志摩写真集

伊勢志摩地方の豊かな自然と伝統的な祭りにひかれ、趣味で写真を撮り続けている
中国人のホテルマン、李相海(リシャンハイ)さん(42)(鳥羽市安楽島町)が、
初めての写真集「一人の中国人から見る 伊勢志摩の自然と祭礼」を出版した。 

李さんは中国遼寧省出身で、1998年に三重大への留学で来日。
2007年、鳥羽市の鳥羽シーサイドホテルに入社し、外国人旅行者の誘致や
接客を担当する。 
写真を始めたきっかけは、同年5月、伊勢市内で行われた式年遷宮の
お木曳(ひき)行事に参加し、日本人の「心の古里」と言われる伊勢神宮の文化や、
祭礼に興味を持ったことだった。 
その後、休日にはカメラを手に伊勢志摩を歩き、自然や祭りを取材。
最も感動したのは、志摩市磯部町の伊雑宮(いざわみや)の
御田植祭(おたうえまつり)」で、泥だらけの男たちが竹を奪い合う「竹取神事」と、
早乙女たちによる優美な「御田植神事」の〈動と静〉の対比や、
あふれる開放感に魅了されたという。 
また、最も苦労したという、ドーナツ状の朝日の中に神島が浮かぶ写真は、
早朝の津市の海岸に十数回通って、ようやく撮影できた1枚。 
李さんは伊勢志摩を紹介するインターネットのホームページも開設し、
日本語と中国語で日本文化の魅力を発信しており、中国語のサイトは
これまで延べ6000万人以上が閲覧したという。
日本の文化や自然の情報を発信することについて、李さんは
「何百年も続けられてきた伝統や文化は、人と自然が共生した証しで、
世代や国境を超えて人と人を結ぶ絆になる」と力を込める。 
写真集は、09年から今年2月まで撮影した計56枚を収録(A4変形判、2300円)し、
鳥羽シーサイドホテルなどで販売している。 
また、能登半島や鹿児島、宮城などを歩き、撮影した田植えや田園風景などの
写真展「日本稲作物語」を25日から、鳥羽市の鳥羽ショッピングプラザハローで開く。
李相海さんTwitter
Facebook
日本纪行 TRAVEL IN JAPAN

ソース(読売新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. JTB旅物語|伊勢神宮&出雲大社
  2. 三重県新型コロナウイルス感染症拡大阻止に係る休業要請について
  3. 志摩マリンランド 受験シーズン前に神事 来館者の合格願う
  4. 南鳥羽の相差は晴天釣り日和ですなぁ~!!
  5. 志摩マリンランド 黄金色した魚で開運 36種類、パワー感じて
  6. “まわりゃんせ”で入場・入館できる施設
  7. 南伊勢町のイルミネーション「志摩ヨットハーバーイルミネーション」…
  8. 「第62回 神宮式年遷宮」ご参拝にはこのきっぷがお得で便利!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP