伊勢志摩鳥羽の祭り

「御幡献上行列」2年ぶり10月開催 花の窟神社

熊野市有馬町の世界遺産・花の窟(いわや)神社で十月十九日、祭神のイザナミノミコトをしのぶ平安装束の時代絵巻、錦の御幡(みはた)献上行列が行われる。二〇一二年以来、二年ぶりの開催。熊野古道世界遺産登録十周年の集客事業として、市などがPRを進める方針だ。
 市が二〇一四年度当初予算案に事業費二百万円を計上した。運営は住民らでつくる実行委員会が主体となる。
 花の窟神社はイザナミノミコトの墓所とされ、二月と十月の二回、ご神体の巨岩から境内にしめ縄を渡すお綱掛け神事が行われる。江戸期の地誌・紀伊続風土記によると、かつては朝廷がしめ縄に取り付ける「錦の御幡」を献上していたものの、いつしか習慣が途絶え、住民が稲わらを編んだ「三流(みながれ)の幡」を代わりにつるすようになった。
 錦の御幡の献上が途絶えた時期は不明だが、行列の時代考証は、観光向けに見栄えの良い平安期の設定とする。地元住民らがきらびやかな衣装をまとい、町内を練り歩くことで、神社の由来を地域外に発信する。参加者は公募で決定する。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊雑宮 御田植祭
  2. オコゼをちらり「わっはっは」 尾鷲で奇祭
  3. 鳥羽 わら舟に火、海に流す 無事祈り「のっと正月」
  4. isesinbun 鳥羽 大漁願うクジラみこし 練り歩き、海へ返す
  5. 大漁願い「注連切り」 安乗神社
  6. 国の重要無形民俗文化財 「安乗の人形芝居」
  7. yomiurisinbun 無病息災願い「潮かけ祭り」 三重県志摩市和具
  8. 第3回志摩の夏まつり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com