伊勢志摩鳥羽の祭り

オコゼをちらり「わっはっは」 尾鷲で奇祭

懐からオコゼをのぞかせて大笑いする奇祭「山の神祭り」が七日、尾鷲市矢浜岡崎町の桂山山中で営まれた。同市矢浜地区に約二百年前から伝わる祭りで、山の神に農林業の繁栄を祈願した。

写真=中日新聞
 地域の言い伝えでは、山の神が海の神と家来の数を争い、同数だったところに突然、オコゼが現れたため、山の神が敗れた。氏子たちは「こんな醜いもの、魚のうちに入りません」と皆で笑い飛ばし、山の神の怒りを鎮めたという。山の神は女神で嫉妬深いとされ、祭礼への女性の立ち入りは禁じられている。

写真=中日新聞
氏子は山の神に道具を供える「道具方」と料理を供える「料理方」に分かれ、早朝からそれぞれの準備に追われた。道具方は二十人が祭りの当番を務める「祷(とう)屋」に集まり、男性器をかたどった木彫、クワやカマなど農林業の「お道具」をスギで作った。料理方の祷屋では、スルメや干し柿、甘酒などを用意した。
昼前、氏子十五人が桂山の山中に移動し、作ったお道具と料理をほこらに供えて「オコゼでござる」と呼び掛けた。道具方と料理方の祷屋の代表が懐に忍ばせた体長四〇センチほどのオコゼをちらりとのぞかせ、全員が大きな口を開けて「わっはっは」と笑った。
料理方の祷屋を務めた同市矢浜の北村昭人さん(51)は「五穀豊穣(ほうじょう)と健康を祈って必死に笑いました。参加するのは二度目ですが、緊張してしまい周りの笑い声は聞こえなかった」と話していた。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 伊雑宮 御田植祭
  2. 鳥羽 田植え前に豊穣祈る 堅神神社で春の中祭
  3. 台風など風雨による被害がないように-伊勢神宮で「風日祈祭」
  4. 伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」-富士山と朝日が重なる夫婦岩でみそ…
  5. 鳥羽 わら舟に火、海に流す 無事祈り「のっと正月」
  6. 伊勢神宮内宮で神楽祭 「賀殿」を公開
  7. 川曳の奉献団、神域目指す お白石持行事2日目
  8. 国の重要無形民俗文化財 「安乗の人形芝居」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP