伊勢志摩鳥羽の祭り

伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」-富士山と朝日が重なる夫婦岩でみそぎ

伊勢神宮式年遷宮の関連行事「お白石持ち」の奉献団が日曜ごとに
「浜参宮」に訪れにぎわう二見興玉神社(伊勢市二見町)で6月21日の夏至の日、
夫婦岩の前の海でみそぎなどを行う「夏至祭」が執り行われる。
2011年6月22日 二見興玉神社 夏至祭の様子です。梅雨の時期でありながら奇跡的に晴天に恵まれ、夫婦岩の究極の光景とも
言える富士山と­、背後より昇る夏至の日の太陽が重なって確認できました。

google画像検索より↑
6月21日は、朝日が最も北寄りに現れ、日の出時刻の4時40分には、大しめ縄が
掛かる夫婦岩の男岩と女岩の間から朝日と富士山が重なる。
しかしながら梅雨の時期と重なるため雨雲に覆われ見える確率も低い。
年々参加者が増えているという夏至祭。
みそぎには、男性はふんどし、女性は白装束の姿で海に入る。 
一方、竜宮社(同)の前の竜宮浜で毎月第3日曜の日の出前から執り行われている
「神魂禊会(しんこんみそぎかい)」も近年参加者が増加しているという。
5月19日には約30人の参加者が竜宮浜でみそぎを行った。 
「古来より二見浦一帯は『禊浜』と言われ、伊勢参宮を間近に控えた人々が
浜辺で汐水を浴び、心身を清め、罪けがれをはらう場所であった」と
同神社広報担当者。
「年に一度の『夏至祭』、毎月開催されている『神魂禊会』。
ともに、一般の人たちの参加が増えれば」と期待を込める。 
夏至祭、神魂禊会への問い合わせは二見興玉神社ホームページから。
http://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/
ソース(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 鳥羽 「八大龍神」に大漁祈願 海女ら雌雄アワビ備え
  2. 鳥羽・相差町でくじら祭りー「クジラの背中に乗った観音様」の伝説に…
  3. 三重県、伊勢・二見興玉神社で夏至祭  300人、海水で身清める
  4. 三重県伊勢市の二見興玉神社 夫婦岩 大しめ縄新調
  5. オコゼをちらり「わっはっは」 尾鷲で奇祭
  6. 三重県志摩市 あす伊勢雑宮で御田植祭 迫間地区で役人ら大訓式
  7. 志摩 情感たっぷり 安乗文楽上演 観客見入る
  8. 伊勢神宮「伊雑宮」で御田植祭-鶴が稲穂を落とした神話が始まり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP