伊勢志摩鳥羽の祭り

北浜地区から懐かしの田舟 お白石持

伊勢神宮(伊勢市)の式年遷宮の
「お白石持(しらいしもち)行事」は九日、
伊勢湾沿岸部や市中心部の奉献団十団の
約一万三千人が参加。
炎天下、白石を積んだ奉曳(ほうえい)車を
引いて心を一つに内宮を目指した。
村松町や東大淀町など北浜地区の
七自治会の住民でつくる北浜連合奉献団は、
約千三百人が三番手で宇治浦田一を出発。
奉曳車には「北浜らしく」と、
かつて稲の収穫作業に使われた田舟を載せた。
 
北浜地区は伊勢湾沿岸部で美しい水田が
一面に広がり、古くから半農半漁で栄えた地域。
田舟は水田に浮かべて乗る舟で、
地区では昭和五十年代ごろまでよく使われていたという。
今回の行事で地元住民の納屋に眠っていた
計三隻を引っ張り出し、
奉曳車の上に載せて白石を入れた。
 
「昔に比べれば農家は随分と減ってしまい、
若い世代は田舟が何か分からないのでは」と
中西毅団長(69)。
遷宮を含む伊勢神宮の祭事は日本の稲作を
原点としており「米作りの道具なので
行事にふさわしい」と胸を張った。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩・安乗神社で神事「三番叟の舞」-天下泰平など祈り、人形が舞う…
  2. chunuchisinbun 厄よけ大漁願い棒練り 鳥羽・坂手島
  3. 伊勢神宮外宮の夜にマイケルジャクソン降臨-ムーンウオークも
  4. 伊勢・二見興玉神社で「夏至祭」-富士山と朝日が重なる夫婦岩でみそ…
  5. chunuchisinbun クジラみこし、大漁祈願 鳥羽・相差で祭り
  6. 790年余の伝統を誇る奇祭「潮かけ祭り」in志摩町和具
  7. 第56回鳥羽みなとまつり大会
  8. 伝統の曽原獅子舞を奉納 松阪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com