伊勢志摩鳥羽の祭り

川曳の奉献団、神域目指す お白石持行事2日目

伊勢市の伊勢神宮式年遷宮関連のお白石持(しらいしもち)行事
二日目の二十七日、市内からは初日に続き、五十鈴川をそりで
さかのぼる川曳(かわびき)の奉献団十団が内宮に石を納めた。
計約九千八百人が次々と川に入り「エンヤ、エンヤ」の掛け声に
合わせて神域を目指した。
道中では、団ごとの特色あふれる光景もみられた。
◆「少壮会」800人支え 中村町奉献団
先陣を切ったのは総勢約八百人の中村町奉献団(八木基視団長)。
明治時代初めから続く町の青年団「少壮会(しょうそうかい)」が
中心となって奉献団を支えている。
少壮会のメンバーは四十五歳以下の住民有志五十人で、
団の役員をほぼ全て担っている。
町内の五十鈴川に架かる「おそば橋」と、かつて橋の近くにあった
松の巨木を描いたそろいの法被を着て、そりを動かす
「梃子(てこ)方」や木やりに奮闘した。
そりの進め方を仕切る進行部長を務めた武田雄希さん(35)は
「若い人が減っているので頑張らないと。
二十年に一度の奉献を絶やさないようにしたい」と
団の先頭で懸命に指示を飛ばしていた。
◆小菜音頭を初披露 朝熊町奉献団
約千百人が参加した朝熊町奉献団(森真光団長)は出発式で、
名産品を題材にした「朝熊小菜(こな)音頭」を初披露した。
朝熊小菜は町内で主に自家用栽培されている青菜で、塩漬けが
地元の味として親しまれている。
今回の遷宮から町の南北の奉献団が一団になり、記念に
ご当地ソング作りが企画された。
作詞家として活動する町内の藤原実積詩(みつし)
(本名・巌)さん(74)が作詞。
「歯ざわりシャキシャキ 朝熊小菜」「朝熊よいとこ のどかな町よ」と、
小菜のおいしさや町の魅力を表現している。
式では、子どもから大人まで約三十人が明るい曲調に合わせて踊った。
藤原さんは「朝熊小菜音頭を歌って、みんなが仲良く
暮らしてほしい」と目を細めた。
◆川曳参加者出迎え 宇治奉献団
コースの途中にある五十鈴川の新橋のたもとでは、
前日に奉献を終えた地元の宇治奉献団が川曳の参加者を
出迎えた。
宇治四町の団が一つになったのを機に、お木曳(きひき)行事の
ときから始めた。
団員約二十人が参加。橋の下で休憩する他の団に
「本日はおめでとうございます」と呼び掛け、互いに木やりを
披露し合ったり、飲み物を配ったりして交流した。
行事の期間中続ける予定で、陸曳(おかびき)が始まる
二十八日からはおはらい町沿いに場所を移す。
ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 大漁願い「注連切り」 安乗神社
  2. 伊勢まつり
  3. 鳥羽 田植え前に豊穣祈る 堅神神社で春の中祭
  4. 三重・志摩で「汗かき地蔵」に祈願
  5. 式年遷宮:泥まみれで団扇奪い合う 伊勢神宮別宮で御田植式 三重県…
  6. 無病息災願い「潮かけ祭り」 三重県志摩市和具
  7. 三重県南伊勢町・穂原神社 宮造りの無事祈る 本殿遷座祭向け神事
  8. 第53回 伊勢えび祭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP