伊勢志摩鳥羽のお取り寄せなど

「ゲノム育種米」のコシヒカリ、志摩で早くも稲刈り-盆前の需要に間に合うように

「ゲノム育種米」のコシヒカリの稲刈りが7月28日から、
農業40年の実績を持つ岡野幸吉さんの志摩市浜島町迫子の
田んぼで行われている。
広域伊勢志摩圏内では最も早い稲刈りだ。
約25アールの田んぼに黄色くなって穂を垂れたコシヒカリを
岡野さんが自走するコンバインで刈り取った。
刈り取ったコメは、葉の一部を切り取ってイネゲノム(遺伝子)を
解析し開花期の早い品種を選抜していく育種法「ゲノム育種法」で
作ったコシヒカリ。
開花期を早めた早生(わせ)品種で、もともと北海道や青森県
での栽培を想定し、開花期が8月前後で寒くなる前に収穫できる
ように植物ゲノムセンター(茨城県つくば市)が研究・開発した
「コシヒカリつくばHD1号」だ。
同センターの美濃部侑三社長によると
「通常のコシヒカリよりも開花期が2週間早く、食味も良い」と
説明する。
これまでの育種法では、コメができてから目的に合う
品種同士を交配させるのに半年~1年、新品種が完成し
固定化するまでに10年以上の月日が掛かっていた。
「キヌヒカリ」は1975年から研究され1989年に品種登録、
約15年掛かっている。
ゲノム育種法とは、病気に強い遺伝子、収量の多い遺伝子などを
特定し、その特性のある遺伝子を持つ品種と、味の良い品種などを
交配させ選抜していく育種法。
温室などで育てた苗の葉から遺伝子を解析し特定するため、
年に3回の交配で選抜できるので開発スピードが約3倍になる
メリットがある。
また別の植物や菌などの遺伝子で置き換える「遺伝子組換え植物」
ではないため安全面でも注目されている。
志摩地方では初盆を迎える家に新米を供える風習があり、
「盆前に新米が欲しい」という需要がある。
その需要に応えるため岡野さんは、これまで早生品種の
「ほほほの穂」を育てていたが、それでも8月10日~13日の
収穫・出荷作業でギリギリ。
「コシヒカリつくばHD1号なら早く収穫できる」と
考え昨年から栽培に取り組んでいる。
岡野さんは「昨年は種蒔きが早過ぎたためあまり収量がなかったが、
今年は2月28日に種蒔き、3月27日に田植えを行い、
順調良く育ち収穫できた。
まだまだ試行錯誤の繰り返しだが、お盆の前に新米が欲しいという
お客さんがいるのでその願いに応えたい一心」と話す。
「JAを通さず直接コメの販売を始めて10年になるが、
毎年購入してくれるリピーターも年々増えている。
コシヒカリつくばHD1号で少しでも早くお客様の元に届けることが
できるようになれば」と期待を込める。
販売価格は5キロ=2,000円、10キロ=4,000円。
問い合わせは090-8334-9879まで。
引用元(伊勢志摩経済新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 尾鷲の魚で新商品 試食フェアにぎわう 8事業所出展
  2. 2013式年遷宮 「奉納ういろ」通販開始♪伊勢名物虎屋ういろ
  3. 猛暑で甘み“倍返し” 超極わせミカン
  4. 醤油本来の味を楽しめる「伊勢醤油本舗」 in おかげ横丁
  5. 三重県志摩の漁師の味 てこね寿司が旨いっ!!
  6. 伊勢志摩ロイヤルポーク ロースカツ用
  7. 南伊勢町 〝真珠小梅〟の収穫最盛期 肉厚で柔らか
  8. 浦村かきの季節が来ました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP