伊勢志摩鳥羽のトピックス

「変な生きもの」紹介 鳥羽水族館、55種を展示

isesinbun

三重県鳥羽市の鳥羽水族館で十三日、深海にすむ日本最大のダンゴムシ
「ダイオウグソクムシ」や伊勢エビの赤ちゃん「フィロゾーマ」など、
普段見慣れない生きものを集めた新コーナー「へんな生きもの研究所」が
オープンした。
開館前から並ぶ熱心なファンや多くの来館者が見守る中、仲野千里社長、
古田正美館長、中村昇会長がテープカットをしてオープンを祝った。
同館二階に新設した約七十六平方メートルの研究所には、四十本の水槽が
並び、水辺や水中に生きる不思議な形や生態の生きもの約五十五種、三百点を
展示。
同館の姉妹館、ニューカレドニアのラグーン水族館から寄贈され、
日本初展示となる「ニューカレドニアオオグソクムシ」や、メガマウスの
はく製、変な生きものの特別映像も放映している。
水槽には、マンジュウヒトデを「サンゴを食べる饅頭」、ヒトデを食べる
フリソデエビを「和服美人はヒトデキラー」など、ユニークな解説で紹介。
伊勢市から家族で来た奥村快君(3つ)は「かわいい」と言ってキンチャクガニを
見ていた。
仲野社長は「変わった姿、形、生態など生きものの多様性を知り、
不思議に思ったり、感動するものになると思う」と話した。
研究所の完成を記念してスタッフが変な生きものの話や実験をする
イベントもある。
連日、午後二時半から。八月三十一日まで。

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 尾鷲マグロでウインナー 「ブランド力」アップ狙う
  2. 東京 「三重テラス」に導入予定の商品 一足先にイオンで販売 
  3. isesinbun 伊勢市など 電気自動車活用へシンボルマーク
  4. 10月1日から伊勢海老漁が始まります。
  5. yomiurisinbun 志摩の園児「しまかぜ」試乗
  6. 伊勢神宮に55万6000人 三が日の人出
  7. 「あおさアイス」食べてみて 三重県 志摩高生が考案
  8. 地元養殖アサリ使った料理教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com