伊勢志摩鳥羽のトピックス

アブラボウズのカラスミいかが 尾鷲の海産物店が商品化

尾鷲市栄町の海産物店「大瀬勇商店」が、ボラの卵巣を塩漬けにした高級珍味「カラスミ」を、クエに似た高級魚アブラボウズの卵巣を使って商品化した。店主の大瀬勇人さん(56)は「他では作っている例がないと思う。ボラとは似て非なるもの。新たな珍味として味わってほしい」と期待を込める。

 カラスミはボラが産卵期を迎える秋が生産期で、同店でも古くから作り続けているが、近年は不漁。別の資源を生かそうと、二年前には同市三木浦町の水産会社「長久丸」のマグロを使ったカラスミを発売した。今回は長久丸側からアブラボウズを使えないかと提案があり、加工に取り組んだ。

アブラボウズは一メートル以上に成長する白身魚で、その名の通り脂肪に富む。卵巣も三十五センチ前後とボラに比べて三倍ほどある。独特の魚臭さを和らげるため塩水や酒に繰り返し漬け、味が浸透するまで一定期間置いた後、約二カ月天日干しして脂を抜き完成させた。

 手間をかけて作った分、臭みは薄く、味は濃厚。卵の一粒が小さく、ぷちぷちとした食感も楽しめる。大瀬さんも「上出来だと思う。ボラよりねっとりとしていて、日本酒にもワインにも合うのでは。パスタやサラダに交ぜる食べ方もできる」と自信を見せる。

 店のみで販売し、価格はボラに比べ半額程度となる百グラム三千円。スライスした数十グラムでの売り方も検討する。同市中村町のレストラン「葉っぱがシェフ jomon」が料理に取り入れるという。

 カラスミに限らず、新商品開発に熱心な大瀬さん。「ここ数年、安定して取れる魚が少なくなっている。天然、養殖を問わず良い素材があれば使い、これまでに食べたことがないような商品を作っていきたい」と意気込んでいる。(問)大瀬勇商店=0597(22)0563

 

(引用・中日新聞)

 

 

 

 

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 檜扇荘の豪華舟盛り(鮑・伊勢海老付き) 海鮮BBQプランまたは海…
  2. 志摩・天の岩戸そばに咲く樹齢350年以上の「岩戸桜」に今年も純白…
  3. 「外人来てほしくない」 赤福、前社長の発言を謝罪
  4. 三重県内の22酒蔵が参加!伊勢志摩サミットで注目を集めた地酒も並…
  5. 振り込め類似詐欺が急増 県内の被害額3億円超
  6. 志摩を一緒に歩こう ウオーク実行委がPR
  7. ザ・ドブ板選挙⑦結果
  8. 「あぶり」作りで香る漁師町 三重県尾鷲市梶賀町

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com