伊勢志摩鳥羽のトピックス

ブリ500本水揚げ 尾鷲漁港で本格化

水揚げされたブリやワラサを買い求める仲買人ら=尾鷲市港町の尾鷲魚市場で
写真=中日新聞

尾鷲市の尾鷲漁港で、ブリの水揚げが本格化している。三日はチリで発生した地震による津波の影響もなく、約五百本の水揚げがあった。
 尾鷲市沿岸では例年、二~四月に定置網漁でのブリの漁獲シーズンを迎える。今年はピークがやや遅めで、三月下旬からようやく数百~数千本のまとまったブリの水揚げが始まった。
 三日にブリが掛かったのは、尾鷲市梶賀町沖合に張られた定置網。重さ十キロ前後の脂の乗ったブリのほか、重さ七キロ前後のブリの若魚「ワラサ」を次々と水揚げした。
 水揚げした西村貞利漁労長(61)は「波はいつもより高かったが、津波もなく安心した。先週からブリやワラサが多く揚がっているので、このまま大漁が続いてくれれば」と笑顔で話していた。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. チキンマックナゲットに「わさび風味ソース」が登場 ― マクドナル…
  2. Villa Ryusei (ヴィラリュウセイ)が伊勢志摩にグラン…
  3. 尾鷲で甘夏ミカン収穫が最盛期
  4. 鳥羽水族館 イッカクの角にタッチ 3メートルの標本展示
  5. 首都圏営業拠点の名称 「三重テラス」に決定
  6. 松阪の鶏焼き肉
  7. 志摩 ペンギンもエール? 代々木高、水族館で入学式
  8. 伊勢のスーパー・ぎゅーとらのマスコットが地域に密着

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com