伊勢志摩鳥羽のトピックス

マグロ初水揚げ 尾鷲のはえ縄漁船が帰港 新鮮な刺身振る舞い

近海マグロはえ縄漁に参入した水産加工販売会社「尾鷲物産」
(尾鷲市林町、小野博行社長)の漁船「良栄丸」(一九トン)が
このほど尾鷲港に帰港し、十六日、同市古戸野町の
観光物産施設「おわせお魚いちばおとと」などでマグロの試食など
初水揚げイベントが開催された。イベントは「おとと」のみ十七、十八両日もある。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
(写真・伊勢新聞)
【マグロの刺身を試食する家族連れ=
尾鷲市古戸野町の観光物産施設「おわせお魚いちばおとと」で】

 先月十九日に初出港した船は、グアム沖で約二週間操業し、
今回はビンチョウマグロやキハダマグロなど計八トンを水揚げした。

 イベントは、同港横の魚市場と「おとと」で、
それぞれビンチョウマグロの刺し身三百食を用意し、
一般向けの試食を提供。
「おとと」では試食以外にもマグロブロックを特別価格で、
また水揚げ時限定のマグロ丼やすしを数量限定で販売し、
大勢の客らが新鮮なマグロの刺し身に舌鼓を打ったり、
マグロ商品を買い求めたりした。

 友人と四人で津市から熊野市に向かう途中「おとと」に
寄ったという三重大学二年生の堀口真生(まい)さん(19)は、
マグロを試食し「もちもちしていて、すごく柔らかかった」と話した。

 同社は水産物加工などのノウハウを生かし、新規参入に当たっては
殺菌装置や急速冷却などの設備を持つ同船を導入。
船上で内臓などを取り除く「活締め」も行い、高い鮮度を誇る
尾鷲ブランドマグロの確立を目指す。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩 「越賀茶」初摘み 県内で最も早く収穫
  2. 平成28年度 志摩市成人式
  3. 大王・大慈寺の「てんれい桜」がつぼみ
  4. 松阪牛 最高は2300万円 品評会で落札
  5. 養殖ロープに絡まったクジラ、漁協職員らが救助
  6. ためになる言葉いっぱい 真珠王の格言かるた完成
  7. ヤマツツジが赤の息吹 大紀・大平つつじ山
  8. 南伊勢町ナンセイ養鶏からのお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP