伊勢志摩鳥羽のトピックス

三重大と志摩環境事協組が高性能浄化装置開発

三重大(津市)と、浄化槽関連事業などを手掛ける志摩環境事業協業組合(志摩市)は、

ろ過性能が高く、薄くて丈夫な合成樹脂「フッ素樹脂」の膜を使った排水浄化装置を開発した。

三重大が十九日発表した。

従来よりも高性能な装置を志摩市の水産加工業者などに広め、英虞湾におけるヘドロ増加の

食い止めを狙う。
 

発案者は、三重大大学院地域イノベーション学研究科博士後期課程に在籍する
協業組合膜販売部長の宝門豊さん(39)。

宝門さんは約二年をかけ、一般的に普及している塩素化エチレン製の膜の二倍の
排水処理能力と、一・五倍の耐久性を併せ持つフッ素樹脂の膜を開発した。

一年前からこの膜の販売を始め、国内で四千七百枚弱を売り上げたという。
 

装置一台につき五十~百枚の膜を使用。この膜を使うと沈殿物と上澄み液を分ける
「沈殿槽」が不要となるため、設置面積は従来製品よりも
四・二平方メートル小さい八・四平方メートルで収まる。

導入費用も二百万円安い五百万円に抑えられるという。
 

装置は高さ約二メートル、重さ約三百六十キロで、これまでに志摩市内の二事業者が
導入した。

日本や中国、米国など七カ国で特許出願中。
 

宝門さんによると、志摩市は二〇一二年までの六年間だけで、三十億円を投じて
英虞湾の海底からヘドロを取り除いたという。
 

宝門さんは今回の開発で二十五日に博士号が授与されることになり、
会見で「一台でも多く普及させたい」と述べた。


http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20130320/CK2013032002000021.html

この記事の投稿または推奨している人



山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 海女の文化守ろう…三重県教委が保存会設立へ
  2. 伊勢の御師・丸岡家のもてなし200年前の記録、江東区の「深川江戸…
  3. 近畿観光特急「しまかぜ」運行開始1周年を記念したキャンペーンがス…
  4. 御浜町 イヌマキの下で祭り カラオケや餅まきに500人
  5. 来訪30万人を初突破 熊野古道伊勢路
  6. 三重県沖の熊野灘を泳ぐクジラ
  7. ハチミツ専門店の資金、ネットで調達 百五銀行が成功
  8. トサミズキ、一斉に開花 紀北町

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP