伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢・式年遷宮に地方活性化のヒントあり 経済効果2400億円超

20年に一度の式年遷宮で沸く三重県伊勢市。
クライマックスの「遷(せん)御(ぎょ)」を迎えた今年、
伊勢神宮の参拝者は過去最多の1千万人を超えた。
1300年以上前から続く遷宮に合わせ、
20年に一度のペースで確実に地元を潤す“遷宮景気”は、
バブル崩壊やリーマンショックにも負けてはいない。
とりわけ今回は、アベノミクスによる景気回復に
パワースポットブームも後押しした効果もあり、
民間シンクタンクの試算によると、
地元・三重県の経済効果は2400億円を超えるという。

1年で5年分の稼ぎ
まだ夏日のような日差しが残る9月下旬。
平日にもかかわらず、伊勢神宮内宮の門前町にある
「おかげ横丁」は、ツアーの団体客らでごった返していた。
中高年が中心だが、若いカップルも多い。
まるで大都市の繁華街を思わせるにぎわいだ。
10月12日、伊勢神宮の参拝者は明治29年の
調査開始以来最多となる1千万人を突破した。
阪急交通社によると、伊勢神宮参拝を盛り込んだ
東海方面のツアーの10月の予約人数は、
前年同月の4・1倍にまで増えたという。
JTBの調査によると、今年参拝に訪れたい寺社の
トップはダントツで伊勢神宮。
60年に1度の遷宮が行われた2位の出雲大社(島根県出雲市)の
約2倍という人気ぶりだった。
実際、参拝した人の年齢層も幅広く、遷宮に加えて
パワースポットブームなどでメディア露出の機会が多かったことも、
人気に拍車をかけたようだ。
三重県で20年以上地価調査に携わっている不動産鑑定士の
男性は「式年遷宮の時期になると、伊勢市は1年で5年分を稼ぐ」と
話す。
観光客が増えるのはもちろんだが、
「その多くは、『財布の口を開けて歩く』といわれる」という。

遷宮と連動しての都市開発
通常、都市部の開発は商業施設などの大規模開発が
呼び水となって広がりをみせる。
だが、三重県は遷宮という1300年以上前から脈々と
続く伝統行事のために、20年に一度開発が進められるという、
全国でも異色の地だ。
今から20年前-。
日本全土でバブル経済が弾け、大都市圏を中心に経済は失墜した。
だが、三重県だけは数々の開発が、式年遷宮に向けて着々と進められていた。
平成5年には伊勢自動車道が全線開通し、
近鉄志摩線の複線化など、大規模な鉄道改良工事を実施。
翌6年には、志摩市でテーマパーク「志摩スペイン村」も開業した。
“遷宮景気”は地価にも及んだ。
平成5年の基準地価は、大阪圏が21・4%、
東京圏も20・5%下落。全国平均も7・7%下落と、
日本全土が下落傾向の中、三重県は2・6%の下落にとどまった。
バブルの影響がなかったとまではいえないが、
当時の日本経済の状況下では「極めて浅い傷」であり、
遷宮がもたらす効果の大きさが浮き彫りになっている。

広がり、続く遷宮効果
アベノミクス効果で景気が上向き始めた今年。
もちろん、遷宮に合わせた開発も快調だった。
昨年4月には、伊勢神宮の外宮敷地内に神宮の歴史などを展示、
紹介する「せんぐう館」がオープン。
今年はJR東海や近畿日本鉄道が、臨時急行や特急観光列車を
導入するなどアクセスも向上した。
開発の効果は、神宮の周辺にも及んでいる。
4年7月に開業した近鉄不動産の
「海辺ホテルプライムリゾート賢島」(志摩市)は
伊勢市から電車で約1時間と神宮からは少々遠いにもかかわらず、
今年の宿泊客は前年同期より2割増。
「式年遷宮が全国的に注目され、首都圏の来客数は昨年の
2倍以上に急増している」(同ホテル広報)という。
9月に発表された基準地価も、遷宮の経済効果を物語る。
地方圏の多くが地価を落としたなか、伊勢市では同市宇治浦田の
商業地が前年比6・3%上昇し、東海4県で最高の上昇率を記録した。
遷宮効果のもう一つの特徴は、こうした経済効果が
遷宮後もしばらく続くということだ。
民間シンクタンクの百五経済研究所(津市)の試算では、
式年遷宮に伴う三重県の経済効果は2416億円。
この効果が次の遷宮に向けた足がかりとなり、
また次の「遷宮開発」につながっていく。
国の文化、伝統で沸く三重県の姿は、活性化の糸口を探す多くの
地方にとってヒントになりそうだ。
ソース(SANKEI.BIZ)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. “伊勢うどん”がやわらかいワケ… すべてはタレのため!
  2. 志摩 「海女バー・カフェ」提案 立命大の付属高校生ら調査
  3. 志摩スペイン村に新ライドアトラクション-フラメンコショーも新たに…
  4. 度会郡南伊勢町のオークション物件がスゴい!
  5. お伊勢参り、まず「斎宮」へ 明和町が遷宮効果に期待
  6. 津・伊勢奥津駅 美杉観光の拠点に 案内施設が落成式
  7. 鳥羽料理人弁当に「海女の釜めし」など3種
  8. 愛らしい動物を掲載 鳥羽水族館がカレンダー作製

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com