伊勢志摩鳥羽のトピックス

伊勢新聞が135周年続く理由は伊勢神宮-創刊以来同名の日刊新聞で最古

創刊以来同名の日刊新聞の中で最も古い伊勢新聞(津市本町)が
今年135周年を迎えた。
志摩観光ホテル(志摩市阿児町)の真珠の間で6月21日、
記念パーティー「感謝のつどい」が開かれ、関係者約130人が出席した。


伊勢新聞135周年記念パーティー、志摩観光ホテルで

 1878(明治11)年1月17日、松本宗一により創刊。
創刊時は手書きで、部数はわずか18部、1部1銭で販売。
1872年創刊時「東京日日新聞」は後に「毎日新聞」へ、
1874年創刊の「読売新聞」は1942年~1946年まで「読売報知」に
改題、その後戻る。
伊勢新聞創刊の翌年1879年に「朝日新聞」が創刊。
「中日新聞」は1886年無題号として創刊(1942年に「中部日本新聞」に)。

 この日は北海道から沖縄までの全国の地方新聞社の関係者や
県内の財界人などが集まり、周年を祝った。
同社の小林千三社長は「人が集まる場所の代名詞になっている
『メッカ』でさえ年間の巡礼者は300万人にすぎない。
伊勢神宮の参拝者は800~1000万人に。
伊勢新聞がここまで改題を一度もせず継続できたのは、
今年20年に一度の式年遷宮を迎える伊勢神宮のおかげ」と話す。

 今年1月9日には、周年を記念した伊勢新聞政経懇話会を津市で開き、
京都産業大名誉教授の所功さんが講演会「伊勢の式年遷宮と平成維新」
を行った。
ソース〈伊勢志摩経済新聞

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 志摩の石山浩達さん、岡本太郎記念館で 敏子賞受賞し新作披露
  2. 最上級の松阪牛食べて 津の4旅館、来月から提供
  3. 鳥羽、嘉隆まつり 市民ら甲冑姿で闊歩 武者行列にぎわう
  4. 鳥羽の石鏡町 海女らヒジキ収穫 刈り取り、天日干し活況
  5. 海外の院生、伝統建築見学 伊勢で現地研修 みそ製造所や御師の家
  6. 伊勢神宮外宮で日本観光祈願祭
  7. おとや S1丼
  8. 近鉄の新型特急「しまかぜ」特急券発売日当日に全席完売-初日は最速…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP