伊勢志摩鳥羽のトピックス

南伊勢町 竈方祭の御座船復活 半世紀ぶりに再現

平家の落人伝説が残る南伊勢町で七日、平家の子孫が築いた「竈方(かまがた)」と呼ばれる七つの集落で行う「竈方祭」で使われ、昭和三十八年に途絶えた「御座船(ござぶね)」が再現された。

 同町には、大方竈▽小方竈▽棚橋竈▽新桑(さらくわ)竈▽栃木竈▽道行竈▽相賀浦―の七つの竈方集落があり、壇ノ浦の合戦に敗れた平家の落人の子孫がこれらの地に移り住み、塩焼き竈を作って製塩業で生計をたてていたという。

 同集落には、歴史などを記した御証文が伝わっていて、七つの竈方が順番に管理している。御座船は、船で出撃する平家の軍勢を表現しているとされ、年に一度(現在は二年に一度)御証文の受け渡しの儀式や弓引きを行う竈方祭で、参加者が開催地を訪れる際に使用していたが、昭和三十八年を最後に途絶えていた。

 近年、高齢化や人口減少が進んで同祭の維持が難しくなってきたことから、町は今年四月、竈方文化の継承や保存などを目的に、「竈方文化保存振興協議会」を設立。七つの竈方の区長や総代、有識者と共に、御座船の再現に向けて準備を進めてきた。

 当時の写真を参考に、二カ月前から全長十二メートル、幅二・八メートルの漁船を塗装し、波やチョウ、花、家紋などをかたどったカッティングシートを貼って装飾。船上には屋形を備え付け、周りにやりや弓、吹き流しなどを立てた。

 この日は、同町方座浦の漁港で再現が行われ、神事を営んだ後に裃を着た竈方の区長や関係者ら約十人が乗船。太鼓の音を響かせ、祝いの船唄を歌いながら湾内を二周した。

 今後は、町内の資料館で今日撮影した映像を流して竈方文化を紹介するほか、当時の塩作りの再現にも取り組んでいく。

 来年一月四、五日に竈方祭を開く栃木竈の橋本訓一(のりかず)区長(60)は「ずっと継承していきたいが高齢化してきているので難しい。今日の再現で十年、二十年先にも記憶に残るので次につなげていければ」と話していた。

 

 

(引用・伊勢新聞)

 

 

 

 

この記事の投稿または推奨している人
株式会社えぶりしんぐ
代表取締役 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通MailForm
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)
あと、アクセスランキングで上位過去記事の清水屋様の生クリームパンの記事を読んで下さり、直接お問い合わせの電話も増えています。(笑)お問い合わせは清水屋様へお願いいたします

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 三宮-賢島に直通特急 団体向け、運行開始
  2. イノシシだぁ~
  3. 少ない燃料で強い火力 紀北の尾崎さん、エコストーブ手作り
  4. ヒラサナエを創造の森横山(志摩市阿児町鵜方)で見る。
  5. 志摩 ペンギンもエール? 代々木高、水族館で入学式
  6. 和紙、和牛、棚田の里をPR 飯南・深野の住民ら散策マップ作製
  7. 伊勢の大塚隆さんがエッセー「野人の食卓」出版-自給自足・食材調達…
  8. 愛らしい動物を掲載 鳥羽水族館がカレンダー作製

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com