伊勢志摩鳥羽のトピックス

台風で2日遅れ 伊勢エビ初水揚げ 鳥羽3地区「昨年より多い」

三重県鳥羽市の離島で十八日、伊勢エビ漁が例年より二日遅れで解禁となり、
答志島の答志地区と和具浦地区、菅島の三カ所で初水揚げがあった。
早朝から漁船が戻って来た鳥羽磯部漁協答志支所では、
威勢の良い伊勢エビに市場が活気づいた。

$伊勢乃志摩男乃日替瓦版
【水揚げしてきた伊勢エビを大きさで分ける漁師=鳥羽市答志町で】
三重県内の伊勢エビ漁は十月一日解禁だが、離島では周辺の水温が
早く下がるため、例年は十六日が解禁日。
今年は台風18号の影響で同時期に漁に出られず、この日が初水揚げとなった。
沖で網から伊勢エビを外して戻った漁師らは、ギイギイと鳴きながら
跳ねる伊勢エビを手際よく大きさ別に分け、職員が重さを確認していた。
鳥羽磯部漁協答志支所では、三十軒で計約五百二十四キロの水揚げがあった。
鳥羽磯部漁協答志支所の中村幸平運営委員長(65)によると
「大潮の時期なので潮の流れが速く、思っている場所に網が入れられないし、
台風の後の水潮も心配したが、去年の初日より多く上がった」と、話していた。
三地区合わせた初日の伊勢エビは、約五十軒で約八百九十キロ。
高値は一キロ当たり四千二百円余だった。
鳥羽市の離島のうち、神島は海の状況により、初水揚げは十九日。
ソース(伊勢新聞)

この記事の投稿または推奨している人
山本 泰久(やまもと やすひさ)
Web魂えぶりしんぐ
代表
〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
最近珍しく非通知着信がありますが、非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. アオリイカの産卵床にヒノキ利用 三重県、尾鷲小児童が手作り体験
  2. 鳥羽一郎さんの歌で熱気 出身地・鳥羽市民ら毎月カラオケ
  3. くるくる寿司伊勢っ子
  4. 志摩 波切小改築、完成祝う 内覧会に市長ら70人
  5. 「和民」「わたみん家」などで利用できるおトクな割引チケット500…
  6. 2月9日は「ふぐの日」内宮へあのりふぐ奉納
  7. 絶食5年目「ダイオウグソクムシ」人気でグッズも販売好調-鳥羽水族…
  8. 志摩の園児「しまかぜ」試乗

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最新記事

PAGE TOP