伊勢志摩鳥羽のトピックス

尾鷲マグロでウインナー 「ブランド力」アップ狙う


尾鷲物産が発売したマグロ入りのウインナー(右)とフランクフルト=尾鷲市古戸野町のおわせお魚いちばおととで
写真=中日新聞

三重県尾鷲市林町の水産会社「尾鷲物産」が、地元で水揚げしたマグロの身を使ったウインナーとフランクフルトの販売を始めた。刺し身などの生鮮食品だけでなく新たな加工食品を手掛けることで、「尾鷲マグロ」のブランド力を高めるのが狙いだ。
 利用するのは、同社が所有する近海マグロはえ縄漁船「良栄丸」(一九トン)が船上生け締めし、尾鷲港に水揚げしたビンナガマグロ。傷が付いたり身の色が薄かったりして、刺し身などの生鮮食品に向かない魚を使う。
 市内に精肉加工できる企業がなかったため、商品の開発は津市あのつ台の精肉会社「松阪ハム」が協力。豚肉とマグロの身の比率を七対三にすることで魚肉特有のぱさついた食感をなくし、脂のジューシーな味わいを残した。
 商品は尾鷲市古戸野町の尾鷲物産直営の観光物産施設「おわせお魚いちばおとと」で冷凍したものを販売するほか、施設内の食堂「おわせお魚食堂」でも提供する。冷凍商品は袋に入れた状態で、沸騰した湯で約十分温めて解凍後、フライパンで焦げ目をつけるとおいしく味わえる。
 価格はウインナー五本入り百五十グラムで三百六十円、串に刺したフランクフルトは四本入り三百二十グラムで六百八十円。
 尾鷲物産で商品開発を担当する高橋あさみさん(31)は「マグロを和食だけでなく、洋食やお弁当のおかずにも使ってもらいたかった。脂肪が少ないので健康的な食品としてもお勧め。軌道に乗れば、スーパーなどでの量販も考えたい」と話している。
 問い合わせはおわせお魚いちばおとと=電0597(23)2100=へ。

ソース(中日新聞)

この記事の投稿または推奨している人
Web魂えぶりしんぐ
代表 山本 泰久(やまもと やすひさ)
三重県志摩市阿児町鵜方1225番地シティーガーデン1階【地図
山本泰久(やまもと やすひさ)直通携帯 090-8321-1278
三重県の伊勢志摩をほぼ年中無休で365日駆け回っています。最近珍しく非通知着信がありますが、しゃべってくだせぇ~。めんどくさいので非通知はもぉ~勘弁してくだせぇ~。(笑)

山本泰久(やまもと やすひさ)自己紹介
2000年ホームページ作成会社設立。約500サイト以上の作成・運営に携わる。
座右の目「ライバルは同業者ではなく、お客様の心」
本業はWebコンサルタント・Web作成・管理・運営。志摩市志摩町御座出身。自然大好き人間。昆虫、水生昆虫・魚など大好き。特にヤゴ・グッピー。
伊勢志摩にある某宿泊施設の売り上げを前年度比350%アップした自分で言うのもアレですが大した者です。
また、通販部門では某サイトの売り上げを前年度比500%アップなど20年研究し続けている独自のロジックにハマると何ぞかをやらかします。(笑)
取材や掲載希望の方、またはホームページ作成・管理・運営についてもお問合せフォームよりご連絡ください。
>>お問い合わせ先<<

関連記事

  1. 昔の暮らしが見える 大紀の古民家が博物館に
  2. ご本尊60年ぶり開帳 松阪の愛宕山龍泉寺
  3. isesinbun 海での実習経験生かす 鳥羽商船 帽子投げ、29人巣立つ
  4. 三重県舞台の『ルート42』が上映開始 関西3館で関連フェアも
  5. 伊勢に「来たモン」みんなのアイドル
  6. 石原慎太郎さんが初代会長を務めた志摩ヨットハーバーのクラブハウス…
  7. 津・伊勢奥津駅 美杉観光の拠点に 案内施設が落成式
  8. 志摩市民100人に聞きました!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へ
ブログランキングに参加しております。
バナーをプチっとお願い志摩っす~^^/
PAGE TOP
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com